« お言葉を励みに、これからも頑張ります。 | トップページ | クリスタル・ドリーム(期間限定)復活。 »

2009/07/31

帆船の最期はいつも悲劇なのだろうか。

長崎オランダ村のシンボルだった帆船が火災 - MSN産経ニュース

 17世紀のオランダ帆船の複製で、2001年に閉園した長崎オランダ村のシンボル船として親しまれた「プリンス・ウィレム号」が30日、オランダ北部デンヘルダーの母港で停泊中に出火した。現地からの報道によると、すでに船体の大部分が焼失しており、消火は困難を極めているという。

 1980年代に建造されたウィレム号は、長年にわたって長崎オランダ村に係留されて来場者に親しまれ、2003年からデンヘルダーで“第2の人生”を送っていた。

長崎オランダ村の復元帆船全焼 母国帰還後、地元観光に貢献 - 47NEWS(よんななニュース)

 AP通信によると、2001年に閉園したテーマパーク「長崎オランダ村」のシンボルとして親しまれた17世紀の大型帆船の複製「プリンス・ウィレム号」(73・5メートル、約2千トン)が30日、係留されていたオランダ北部デンヘルダーの港で火災を起こし、ほぼ全焼した。

 ウィレム号は03年にオランダに戻り、デンヘルダーで観光客誘致に一役買っていた。火災の原因は調査中だが、地元テレビは電気系統のショートが発火原因とみられると報じた。

‥‥写真といえど、私は炎上する貴方の姿など見たくはなかったよ、プリンス。
R.I.P.。

このブログ内の関連記事

自虐的にも、YouTubeで見つけてしまった動画を追加。
……本当に消えてしまったんだね、プリンス・ウィレム。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/45794673

この記事へのトラックバック一覧です: 帆船の最期はいつも悲劇なのだろうか。:

コメント

(泣)YouTube・・・。
悲しいですね、ホント。ナガサーキホーランドビレッヂ・ヤポンのナレーションだけは聴き取れました。

投稿: 多い資産ことみおちん | 2009/08/01 21:34

コメントを書く