« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/25

あすから帆船まつり

NCCニュース|NCC長崎文化放送|デジタルは5ch

あすから帆船まつり
長崎帆船まつりは、いよいよあす開幕です。今年は、国内最大の帆船「日本丸」やロシアの大型帆船「パラダ」など国内外6隻の帆船が長崎港に集結します。去年、震災の影響で自粛された夜のライトアップや花火も実施されます。注目の入港パレードは、あすの午後1時から。6隻が女神大橋をくぐって次々と長崎港に入り、長崎水辺の森公園と出島ワーフに接岸します。会場には、様々な出店が並び、農水産物や帆船まつりのオリジナルグッズなどが販売されるほか、音楽コンサートなどのステージイベントが繰り広げられます。帆船のライトアップは、毎晩午後7時から10時まで。土日の午後8時半からは約1000発の花火と帆船の競演が楽しめます。日中は船内の一般公開や白い帆を一斉に広げるセイルドリルもあります。週末は晴れて暖かく、絶好の帆船日和となりそうです。長崎市は、去年の来場者の3倍以上、17万人の集客を目標にしています。長崎帆船まつりは、あすから30日までです。

2012年04月25日 19時25分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/12

出島で観光情報をスマホで提供

KTNテレビ長崎  ニュース・天気

出島で観光情報をスマホで提供

動画を再生[動画]

 観光サービスも「スマホ」の時代到来です。携帯電話のスマートフォンやタブレット端末を使って、無料で観光情報を発信する新しいサービスが長崎市の出島で始まりました。この情報サービスはインターネットのウェブサイトに掲載している出島の情報を出島の敷地内に整備した無線LANを利用してスマートフォンなどでスムーズに手に入れることができるというものです。長崎市がおよそ300万円かけてベンチャー企業の「にんじんネット」に開発を依頼しました。サービスは英語や中国語、それに韓国語にも対応しています。利用者は(福岡から)「順路がのっていて分かりやすく、写真も載っていて、説明もあったので初めて来る人にとってはすごく分かりやすくて良かった。見やすかったです」市では 若い世代だけでなく、外国人にも利用してもらい、出島への観光客誘致を図りたい考えで今後は他の観光施設でのサービスも検討したいとしています。

NBC NEWS -長崎のニュース最新版- | NBC長崎放送

出島の魅力 スマホで発信
04月11日
長崎市は「出島」を訪れる観光客に施設案内などの情報を提供するスマートフォン向けサービスを11日から開始した。 長崎市の「出島」には昨年度40万人の観光客が訪れた。 今年に入っても国際観光船の入港増加などに伴い、外国人観光客が増えている。 しかし、これまで場内の案内板は日本語と英語の2ヶ国語のみによる表記だった。 新しいサービスはスマートフォンを持って来場し、専用の無線ネットワークWiFiに接続すれば、自分が見学している施設の紹介を日本語、英語に加えて中国語と韓国語のあわせて4か国語で見ることができる。 すべての携帯電話会社のスマートフォンに対応しており、施設案内などの情報は無料で入手することができる。 これによって長崎市は観光客の集客UPにつながればと期待を寄せている。 この「スマートフォンガイド」、長崎市の観光施設では初めての取り組み。

出島スマートフォンガイド開始 - NHK長崎県のニュース

出島スマートフォンガイド開始

鎖国が行われていた江戸時代の唯一の貿易拠点を復元した長崎市の観光地・出島で、スマートフォン向けにおすすめの散策コースなど施設の情報を発信するサービスが始まりました。
これは、出島の復元と復元した施設の運営にあたっている長崎市が、観光客を呼び込む取り組みの1つとして11日から始めたものです。このサービスでは、スマートフォンで専用のサイトにアクセスすると、出島の案内マップやおすすめの散策コース、それに、復元された建物に関する歴史などについての解説を見ることができます。
また、長崎を訪れる海外からの多くの観光客のため、英語、中国語、韓国語にも対応しているほか、周辺の飲食店や観光地なども掲載され、出島を中心とした市内の観光にも利用できます。
長崎市と共同でこのサービスを企画したインターネット接続会社の藤澤千絵社長は「出島や長崎の観光情報を手元で調べることができるのでぜひ利用してほしい」と話していました。

04月11日 18時00分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/09

どらどらどんなドナドナ(違

KTNテレビ長崎  ニュース・天気

和牛五輪まで200日前イベント
KTNニュース

この秋ハウステンボスをメイン会場に開かれる全国和牛能力共進会を前に、きょう長崎市でPRイベントがありました。 

今年10月佐世保市のハウステンボス、と島原市を会場に開かれる和牛能力共進会は、5年に一度全国持ち回りで開かれるいわば和牛のオリンピック。およそ40万人の来場が見込まれ、長崎和牛を全国に向けてPRする絶好の機会です。長崎生まれ・長崎育ちの和牛の美味しさを、まずは地元にもっと広く知ってもらおうと、きょうは試食会や、和牛弁当・和牛を使った家庭料理のコンテストなど、さまざまなイベントが行われました。また会場には、かわいい子牛も姿を見せ、こどもたちと触れ合いながらPRに一役買いました。和牛オリンピック開催まであと200日、県や関係者は、県民に広く関心を持ってもらい、大会を成功させたいと意気込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/04

ハウステンボス周遊観光協議会

KTNテレビ長崎  ニュース・天気

ハウステンボス周遊観光協議会
ハウステンボス周遊観光協議会
動画を再生[動画]
 設立から2年目となる今年度は民間の活力を導入です。ハウステンボスと周辺の市や町で作る周遊観光協議会の総会がきょう開かれ、観光客数アップのために今後、どのような事業を行っていくか話し合いました。ハウステンボス 澤田秀雄社長「(観光資源を)いかに知っていただくか、そのためには地域のコラボレーションをうまくやっていかなければ」周遊観光協議会はハウステンボスと周辺の自治体が一体となって、多くの観光客を呼び込もうと作られました。協議会は長崎・佐賀両県の9つの市や町などで構成されていますが、2年目の今年度は民間事業者との連携に重点を置き、各地の観光協会や公共交通機関なども新たにメンバーに加わりました。また、ハウステンボスと周辺地域を回ってもらうためにゲーム会社とのタイアップ事業なども計画されています。ハウステンボスの澤田社長は「上海航路や関西とを結ぶ格安航空も就航した。その地域のセールスポイントをPRすればもっと多くの人が来てくれる」と呼びかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/02

去年の長崎市観光客数は過去3番目

KTNテレビ長崎  ニュース・天気

2012年4月 1日のニュース
去年の長崎市観光客数は過去3番目
KTNニュース
 去年、長崎市を訪れた観光客数は龍馬ブームに沸いたおととしより幾分、減少したものの、修学旅行の増加などから過去3番目に多いおよそ594万人となりました。 長崎市によりますと去年は、前の年の大河ドラマ放送による龍馬ブームが一段落したため、関連施設の入場者が25万8千人余りとおよそ半分に落ち込みました。またランタンフェスティバルなどの大型イベントも天候に恵まれず集客を減らしたほか、東日本大震災や円高の影響で外国人宿泊客の数も3割近く、4万8千人減っています。その一方で修学旅行については震災の発生で行き先を東北や東日本から西日本に変更する学校が相次いだため、去年は32万7800人と、11・8パーセントの大幅な増加になりました。このため1年間の観光客数は前の年に比べて16万人あまり減少したもの全体では過去3番目に多い594万4700人となっています。長崎市では龍馬ブームの下支え効果は続いていると分析していて今後は宿泊につながる夜景観光や夜型のイベント、そして食の魅力で経済効果を生み出したいとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういやそうだったw(公休とった)

ハウステンボスで入社式 - NHK長崎県のニュース

ハウステンボスで入社式

新年度の初日となる4月1日、佐世保市にあるハウステンボスで、入社式が行われ澤田秀雄社長は、「お客様に感動してもらえるよう笑顔で仕事に励んで下さい」と、訓示しました。
佐世保市のハウステンボスで行われた入社式には55人の新入社員が出席し、澤田秀雄社長は、「ハウステンボスには本当にやりがいのある仕事があります。最初は厳しいかもしれませんが自分なりの大きな目標を持ち、お客様が感動し喜んでいただけるよう、明るく笑顔で仕事に励んで下さい」と訓示しました。
新入社員の田部佑磨さんは、「県内でも成長している会社なので選びました。将来は会社の中心となり経営に携わりたい」と話していました。
ハウステンボスでは、中国人観光客を呼び込もうと、ことし2月、長崎と中国の上海を船で結ぶ上海航路を就航させていて、日本に留学して採用された中国人の何麗華さんは、「日本のきめ細やかなサービスやホスピタリティを学びたくて、入社を決めました。上海航路もスタートし、自分の語学力を生かして、日中交流の架け橋になりたい」と話していました。
新入社員たちは2日から早速、現場に配属されるということです。

04月01日 12時09分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »