« う〜ん… | トップページ | 愚痴くらいいいよね。 »

2011/03/15

善意という名のモンスター隣人

Togetter - 「ボランティアという名のモンスター隣人」

ニュース・時事 東北地方太平洋沖地震/漫画家の金澤尚子先生(@piyopoo)が、ご近所の方から「東北地震で被災した友人に物資を届ける。協力しろ」という話をされて、巻き込まれてしまい…

もう口ア〜ングリの話なのだが、読み終えて、しばらく経って、思った。
…これって、私がウツを発病した時に近くにいた人の反応と同じやん…!

「いらない」「迷惑」「非常識」って言ってるのに〜、「息巻いて」「一点張りで」「話通じない」。そのうえ付け加えれば、「善意で!って言ってる人がミリも働いてない」。…うわぁ(滝汗)

あああああ。

そこでさらに、精神科のプロの方が一言。
『災害躁病というものがありまして、被災者で躁うつ病の方は、ショックに対する防衛機制から躁状態になることがあります。ボランティア躁病ってのもあって、テレビで惨状を見て何かしなくちゃと気分昂揚して現地に向かい暴力事件を起こして入院になった例が阪神大震災で報告されています。(2011-03-13 14:30:05)』
『被災地でやたらと元気すぎる人をみたら、元気そうだから安心するのではなく、強いショックに心が耐えきれず躁状態という形で防衛しているのかも、と疑うべき。(2011-03-13 14:48:01)』

ひゃ〜(汗)「クライシスハイ」。これはこっちが気をつけなきゃ!

【教訓】『地獄は独善の道で続いている。』あるいは、『地獄への道は善意で舗装されている。』そして、遠藤周作は言いました「悪魔よりタチが悪いのは善魔に魅入られること」…

|

« う〜ん… | トップページ | 愚痴くらいいいよね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/51126710

この記事へのトラックバック一覧です: 善意という名のモンスター隣人:

« う〜ん… | トップページ | 愚痴くらいいいよね。 »