« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.28

なじかは知らねど

セブンイレブン限定・海洋堂制作・映画「ローレライ」フィギュアコレクションにフラフラと引き寄せられて朝からコーラを飲む羽目になった私ですが皆さん如何おすごしですか。子どもの頃から、映画やドラマにどうしても心身症的拒絶反応を示してしまうので見る事ができず、もはや「ドラマフォビア(人間描写視聴恐怖症)」とでも言うしかない私。気力体力によほどの余裕がないとどーしてもダメなんです(泣)。そういや最近は小説も読まなくなったなぁ・・・(もともとドキュメンタリー派なんで余計に)。
ゆえに、面白いと絶賛されている『ローレライ』も『亡国のイージス』もたぶん私にはムリ。こうやって「モノ」で萌えるしかないのね・・・ふッ(自嘲)

ちなみにですが、イッパツで戦利潜水艦《伊507》を引き当てて満足です。

| | TrackBack (0)

2005.02.26

空の軌跡

H2Aロケット予定時刻の打ち上げ見送りのニュースを最後に、会社を出た。
機体と地上設備の間の通信異常。どうなるのかな、と思いながら帰路についた。
春の夕暮れらしい金色の陽射しが、やけに綺麗だった。

海沿いの道を走り、ゆるいカーブを曲がった瞬間、山の端から朱鷺色に輝く一条の雲が現れた。
地上から、わずかに東へと弧を描いてまっすぐに空へと伸びる飛行機雲。
目を奪われた。通常の飛行機雲とはあきらかに違う。描くそのライン、その輝き、そしてその傾き。
あれは、まさか、と思わず叫んでいた。
18時30分前後のことだ。

南南東の空に輝く白い雲は、はじめ黄金色に光り、風に散りながらやがてうす紅色へとその姿を変え、長い時間をかけて消えていった。

帰宅後、ニュースに飛びついた。

───国産主力ロケットH2A・7号機。気象衛星ひまわり5号の後継となる運輸多目的衛星(MTSAT)を搭載して、2005年2月26日午後6時25分、鹿児島県の種子島宇宙センターより打ち上げ。4本の補助ロケットやメインエンジンなどの切り離しにも成功、打ち上げから40分後、高度約2000キロで運輸多目的衛星を予定どおり分離。打ち上げは成功した。


おめでとう。おめでとう。おめでとう。

| | TrackBack (1)

そんなこんなで3。(Macの話でなく)

ここ数日、当サイト『TOKYO NOMAD』とその管理人に
些少お見苦しい点がありましたことを、まずはお詫び申し上げます。
ご心配下さった皆様、また率直で忌憚のないご意見を下さった各位、
本当にありがとうございます。頂戴したメールその他を拝見して、
憑き物が落ちたような気分で本当にすっきりしました。
確かに、自分ができない事、やれてない事をひとに要求しちゃいかんよ>自分。
  自戒の意味をこめて、談話室へのリンクをクローズしました。ご迷惑をおかけしますが、ひとつ。

あと、剣風帖ファン(&ありがたいことに斗吾ファン)の方がまだまだ
いらっしゃるという事を、やっと理解・・・、今後はもう少し頑張ってみますね。
今後ともよろしくお願いします。
カウンターを回して下さっている皆様に、心より感謝を込めて。

ヘタレな物書き 幻耶麻より

| | TrackBack (0)

2005.02.23

アタマでウタが回る時:NEWSネタ編

♪荒川の〜、堤防に〜、ウサギが50羽住み着いて〜、
 あ〜なを掘る掘る、穴を掘る〜
♪飼い主の〜、オジさんは〜、それでもウサギが可愛いと〜、
 エ〜サをまくまく、エサをまく〜
♪国交省の〜、お役人〜、ウサギを囲いに入れようと〜、
 あ〜なを掘る掘る、穴を掘る〜
 ・・・さこそウサギは住み良かろ〜♪

こんなアホなデタラメ歌を思いついてしまい、
しかも節もないのに脳内ヘビーローテーションになって
困っております(^^; だってあの映像、あまりにも可愛かったんだもん・・・

でもオジさん、動物は責任を持って計画的に飼いましょうね。
そこ、オジさんの土地でもないんだし・・・。

MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題

| | TrackBack (0)

2005.02.21

そんなこんなで2。(修正)

アップグレードカードの出荷時不良をものともせず(交換してもらった)、ネジ回し片手に壮観な冷却2連ファン搭載したSONNET Encore ZIF G4 1GHz/1M を取り付けてはみたものの。
HDDから起動しないんですわ。認識はしているので(Nortonでテストするとマウントする)、起動ディスクの設定の問題だと思うのですが。
これは・・・もう、いよいよもって『MacOS X Panther V10.3 RETAIL』にするしかないでしょうか。TAXAN STF-45GII をOSXでの起動ディスクにして、IBM:8.50 GB をOS9の起動ディスクにする、と。しかしそうすると予算が・・・たはは。
「設定しうる範囲で最もベストな環境」を求めるのは持ち主もマシンも同じなようです。とほほ、似た者同士。

====================================================

・・・後半のグチは自主的に(なのか?)削除しました。
叱咤激励して下さった皆さん、本当にありがとうございます。今後ともよろしく(^^;

| | TrackBack (0)

2005.02.19

「監督不行届/安野モヨコ」

「監督不行届/安野モヨコ」
相方が買って持って来た。

「美人画報」「美人画報ハイパー」は以前、何を血迷ったか私が買って周囲に勧めまくっていたのだが。これは、アンノ監督とアンノさんのヲタクでラブラブな夫婦生活を綴ったエッセイ。いやビックリ。
コドモ(あるいはヲトメ)のような夫『カントクくん』の無邪気さと、それを叱りつつ、あるいは心配しつつ、『男らしい やさしさ』で支える妻『ロンパースちゃん』の構図はまさに『姫とじいや』。『筋金入りのオタク』の夫に呆れつつ、しかし『実はオタク』の妻もだんだんとそちらの世界へと・・・という部分があまりにも親近感。


私はモヨコさんの『マンガ』を読んでいたわけでなく、しかし純粋に「美人画報」「美人画報ハイパー」のテイストと、そこににじみでるモヨコさんの人柄が好きで。
化粧なんてどうでもいい、と思い続けて幾星霜。着ている物はマニッシュテイスト、声低く態度デカく文体たくましく(?)、およそ「女らしい」とか「女子のヨロコビ」と無縁のこのワタクシですら、「・・・ちょっとやってみても楽しいかも」と思わせた「美人画報」は、なんだかとても元気が出るエッセイだった。
今回「監督不行届」で庵野監督が曰く、
「───(前略)嫁さんのマンガは、マンガを読んで現実に還る時に、読者の中にエネルギーが残るようなマンガなんですね。読んでくれた人が内側にこもるんじゃなくて、外側に出て行動したくなる、そういった力が湧いて来るマンガなんですよ。現実に対処して他人の中で生きていくためのマンガなんです。(巻末の『庵野監督、カントクくんを語る』より)」という言葉に、それ故まさに共感。
「───(続き)嫁さん本人がそういう生き方をしてるから描けるんでしょうね。『エヴァ』で自分が最後までできなかったことが嫁さんのマンガでは実現されていたんです。ホント、衝撃でした。」という言葉に、あぁ、モヨコさんもカントクくんを愛してるし、カントクも不器用なりにモヨコさんを守っているんだなぁ、と。
クリエイター同士が、作り手としての互いの部分までを尊敬しあって、夫婦になるこの構図。いいなぁ。いっそ羨ましいですわ。いつまでもお幸せに。んで、時々はちょっとその幸せを覗かせて下さいな、と思うのでした。

こちらもどうぞ。美人画報ワンダー

| | TrackBack (0)

2005.02.12

そんなこんなで。

アップグレードカードが届いた。いやぁ嬉しいなぁ。
これでウチのBlue&White G3の仕様は以下の様になる。

B&W G3改:
CPU:SONNET Encore ZIF G4 1GHz/1M
内蔵メモリ: 768MB(128*2+256*2)
内蔵HDD:IBM:8.50 GB + SEAGATE:4.23 GB + TAXAN STF-45GII:42 GB = 合計 54.73 GB

ぶっちゃけた話、青白筐体のG4 1GHzでメモリが768GB、内蔵HDDが54GBで、USBとFireWireにADBポートとSCSIまで備えたという「改造バカ」な1台になるのです。わはは。プリンタとかタブレットとか「レガシィ」な周辺機器がまだまだ現役の私ンちでは、BESTチョイスじゃないでしょーか。

・・・で、この改造費の総額が、MacMiniを超えた・・・という点は、どうか指摘しないで下さい(^^;

| | TrackBack (0)

2005.02.02

マイッタなぁ・・・

Mac(B&W G3)の改造中である。CPUアップグレードカードはネットで買うとして、嬉しい誤算なことに既存の内蔵用HDD(45GB)がG3のマウントラックにそのまま納まった。あとはコネクタを調達し、ついでに増設用のメモリを乗っければ起動テストができる。・・・のだが。

部品買いに行くのがツライよぉ! なぜならば、馴染みのPC屋が今度の日曜で閉店するからだ。
チェーン展開している会社なのだが、どういう事情か長崎県内の2店舗を揃って閉めるという。撤退、というわけだ。
これで、私の行動圏内にあるPC関連ショップは、某大手家電量販店チェーンが3系統だけ、ということになる。あそこの店員Mac知らないんだよぉ!
ましてや、Macのみならず「自作PC」派の人たちはどうするんでしょうか、これから・・・

ありそうでないパーツや、大手が取り上げないような国内メーカーのサプライ品がズラリと並んでいたのが有り難かった。VAIOもPowerBookもAir-H"もあそこで買った。せがまれてAIBOを連れて行ったこともあった。相方にMacを買わせたのも此処だった。会社の備品も此処で買ってた。
人なつこい店員さんばかりで、みんな友達みたいだった。商品知識を得るためという建前で自腹切って新型機&新OSを買うような「PC好き」ばかりだった。───本社が撤退を決めたら、現地採用のみんなはどうなるんだろう。それがとても心配。

・・・そう、自身「転校生」だった私は、送られるのには馴れていても見送る側になったことがない。あそこの品揃えも店員さんも大好きだった私としては、いたたまれないのだ。テーマソングまで歌えるっつーのに(苦笑)

さっき、最寄りの家電量販店のこぎれいなPCコーナーを覗いた。・・・両端が同型のSCSIケーブル「しか」取り扱ってないってどーゆーコトやねん。あたしゃ50pin-25pinのが欲しかったのに、それすら無い。50DiskのスピンドルDVD-Rが見当たらないって、アリ? やっぱり素人サン向けの自社ブランド5枚入りを売りたいがため? とまで思ってしまう。はァ、みにくい。

週末、会社の帰りに思いきって行ってこよ〜・・・ お別れにドーンとMacを買えるような太っ腹ではないけどね。

| | TrackBack (0)