« なかなか上手くいかないもんだ | Main | ミュージックバトンが来た。 »

2005.07.27

遮那王の帰還

置く場所&用途に困って、会社に置いていたPowerMacintosh9600改、九郎義経こと“遮那王”が再びウチへ帰ってくることになった。その部署がG5iMacを購入したのと、置き場所がなくなった&あんまり使ってないから申し訳ない、というのが理由。そうだろなぁ、グラファイトG3と9600とMDD G4が並んでいるのは圧巻だったよ博物館みたいで。そこへ持って来て、いかに薄型とはいえiMac G5が来たら古い順から押し出されるわな。
それにしたって、ウチでも置く場所はないのである。
デスクには1GHzのG4にクロックアップしたB&WのG3改(OSX非搭載)がデンと居座っている。持ち歩きにはPowerBookG4(800MHz/HDD40GBモデル)を使っているし、VAIO PCG-C1VJ/BPもまだまだ現役だし、何よりも、なぜかウチには相方の桐生のiBookG4(通称“涼浬”。より高稼働のPowerBookG4[1GHz/HDD60GBモデル]の通称が“奈涸”)もいるのだ。これ以上どーすんのよ。1LDKのアパートで6台もブラ下がるLAN組んでも仕方ないでしょ固定回線も引いてないのに(ネットはPHSでやっている)。誰かに貰ってもらおうにも、みんな希望はWindows。あぁそうでしょうとも。

しかし、である。
PCIバススロットとメディアドライブにまだ空きを抱えた“遮那王”が手元に戻ってくるというので、私の“改造熱”がたぎってきているのも事実なのだ。
そうだなぁ、内蔵CD-ROMドライブをぶっこ抜いてCD-Rドライブに取り替えて、ついでにPCIで増設しているUSBをFireWireも備えたタイプに取り替えれば、Ethernetのクチは元からあるし、B&WG3改と同様、レガシィなインターフェイスを備えたG4マシンができるんだよなぁ。それにB&WのCD-ROMドライブは取り替え効かなそうだから、焼き焼き君には9600になってもらうのもテかもなぁ。無用の長物のZIPドライブもMOに代えるか、あとはどっちか1台をVirtual PCで窓モドキにするとか、などと野望は膨らむ一方。
・・・そんな事したら、Mac-Mini(安すぎ!)が1台買えるくらいの予算が要るんだってば、という理性の声はもはや遠く。
AIBOも2台いるってのに。
嗚呼、メカ屋敷。

P.S. あ、桐生の元マシンのPowerBookG3の死骸もあるんだった。どうにかならんかのぅ。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/5183667

Listed below are links to weblogs that reference 遮那王の帰還: