« 大雪の冬至。 | Main | これから、これから。 »

2005.12.23

やっと平穏・・・

努力が報われない評価というのが正直、苦手です。ホントに苦手です。見ててイタイです。
メダルを取れなかったトップアスリートへの罵倒。W杯優勝を逃したストライカーへの暴力。敗軍の将への誹謗中傷。そんなもの。
志望校に合格しても「それが当然(喜ぶな)」とスルーされる事。百点満点の95点をとっても「あと5点がなぜ取れない」と叱責される苦痛。そんなものを連想してしまうからでしょう。
たとえば、死後にようやく評価される芸術家のように。
そういうわけで、自分の中にいる『何か始めようとすると感じる「焦り」「イライラ(憤怒というべきか)」』や、『何かを成し遂げた後に感じる「虚無感」「後悔」「自責の念」「哀しみ」』とじっくり話をしてみて、そんな感情が「不当な評価結果を恐れる余りに『過度な期待なんか抱くな!』と自分に言い聞かせ」ていたものが『行き過ぎた』結果だと気づきました。
すごく疲れるんですよ。自分の中から「アンタのやった事なんて評価される訳ないじゃないのチョコっと甘い顔されたからっていい気になっちゃってバカじゃないの向こうだってアンタなんかにホントに期待してる訳ないじゃないのよアンタなんてどうせ何の役にも立たないんだから今回だってどうせ最後の最後にボツになって無かった事にされるだけなのに有頂天になって無理ひきうけちゃってホントわかんないのバカ」というような、ほぼ言葉に近い感情が機関銃のごとく声を限りに発せられてると(あ〜、書いただけで疲れた・・・)。ものすごく大声で、力いっぱい、叫び続けているような状況。あの〜、そのエネルギーって私の主電源なんですけど。電圧下がっちゃうでしょそんなに使うと(ブレーカーが落ちたりもする)

心療内科の主治医に聞いたら、最近の若い者には、やはり多いのだそうです。「いい子でないなら、ここに居てはいけない」という、自分を過度に低く評価する傾向が。親が期待する自分は、スポーツ万能で成績優秀で誰にでも好かれる、それこそ『アイドルになってもおかしくない』我が子だけ、そうでない自分はNG、という思い込み。愛情のすれ違いですな。
だから今になって「ありのままでいて」「そのままの君でいて」「自然体でいたって愛される」というメッセージが、歌やその他の芸術を通して繰り返し繰り返し、発せられているのでしょう。
それにしたって、こんな怒りに満ちたサブ・パーソナリティを心の中に飼っていると、ぐったりするほど疲れます。どうにか黙って欲しいと思ってなだめたりすかしたり怒鳴ったりしたけど全然ダメ。「思い込み」って奴だからものすごくパワフルなのです(そのエネルギーを他に回せや・・・)何より、そいつが言うところの根拠が・・・ねぇ。「何か成し遂げたって、どうせリアクションなんかない」って部分にあるので。何をやるにも口を挟んできてうるさいのです(あ、だからって統合失調症じゃないよ、念のため。『感情』というカタチのないものを整理するために、キャラクターを与えて話をしているだけです)

クラズナー博士のあなたにもできるヒプノセラピー―催眠療法それが今日、やっと静かになりました。あ〜これで落ち着いてSS書いたり仕事したりできる(SS書いたってリアクションはない!てのが一番、ヤツが『自信を持って』叫んでたから)。
ヒプノセラピー(催眠療法)のCDを買いました。「成功を恐れ」たり、「憂鬱に陥った」りしている状況を、深くリラックスした状態で「そうしなくても大丈夫」というメッセージを潜在意識に言い聞かせることで、クリアーにしていくセラピー(癒し)です。深く、深くリラックスしていく誘導の時に、「そいつ」も一緒にリラックスするように勧めてみました。怒りでガチガチになっているのを、ワタクシ得意のマッサージ(絢爛コマンドにあらず。でも「ゴッドハンド!」ですぜ、私は)でほぐしてあげながら、自分もサブパもないようなぼんやりとした状況で、ゆったりと、深く、骨の髄まで、内蔵の中まで、リラックスする。───それでようやく、安心したのか、静かになってくれました。これからは、心が叫びそうになったらリラックスしようっと。

ワケのワカラナイ話かもしれませんが、そういう近況なのです。
そういうわけで、マリィのSS「サンクチュアリ」は、これから、書きます(わは!)

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/7794913

Listed below are links to weblogs that reference やっと平穏・・・: