« 美しかトですたい! | Main | やったぜ所! »

2006.03.15

沈丁花の花が好きだ。
と、言ったら、親父殿が昨夜、庭のを一鉢分けてくれた。
昼頃に、思い出したようにメールが来て、育て方のコツを教えてくれた。
花は今がちょうど盛りで、香りが欲しくて部屋に置いてある。
たーちゃんは熟睡中。

須藤真澄さんの「長い長いさんぽ」を読んで、いっぱい笑ってちみっと泣いて、
ふと窓の外を見たら満月だった。
月明かりの夜は電気を消そう。
というわけで、毛布にくるまって窓からお月見。
黄砂のせいか、ちょっと霞んでいる。
月って、あんなに小さかったっけ。
でもその光はまっすぐにここまで届いてくる。
なに見てるんだろうね。バカな事ばかりしてるなぁとか思ってるんだろうね。
ずっと昔から。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/9104280

Listed below are links to weblogs that reference :