« たーちゃん、タップダンスする。 | Main | そうじゃなかったらいいのにな。 »

2006.06.07

夢を語りたい

楽しいこと、新しいこと、ワクワクすることを考えた時、それを語り合って一緒に盛り上がれる仲間を持っている事は本当に幸せだ、と思う。
『周りの人』の中には、「そんな夢みたいなこと」とか「無理だよ」「無駄だよ」「そんな事をして何になるの?」と、ご丁寧に足を引っ張ってくれる人もいるからだ。
親切心で、とその人は言う。けれど、夢破れて傷つくのはその人ではないのに、なぜ止める? 何が恐ろしいのか? 生半可な浮かれ心で失敗するのを見過ごした事への自責の念とか? だったら、「もっと頑張らないと実現できないぞ。だから頑張れ」と叱咤激励すればいい。「だったらこうしたら良い」というアドバイスならいくらでも歓迎する。「やめておけ」というのなら、甲子園を目指す球児にだって「ムリだから止せ」と言えばいい。けれど、その人が求めているのは、そういう事じゃないだろう。では、何が欲しいのか? どうして欲しくて人を止める? 私にはそれが分からない。

見果てぬ夢を追う。自分の可能性に賭ける。子供じみていると言う人もいうが、すべての世界新記録は、そして新発明は、どれもその結果だ。わずかな可能性、漠然とした仮説、それを追ってこそのものだ。すべての人が「自己最高」を更新していけば、いつかは世界記録が更新される。科学技術が、市場のシェアが、大きく塗りかえられる。それに繋がる蜘蛛の糸を、せっせと切っているのは誰?

そんな事を、苛立ちながらぼんやりと考えている。
だから、思うのだ。夢を語り合える仲間がいるということは、本当に幸せなのだなぁ、と。

加藤登紀子『時には昔の話を』を聴きながら。加藤登紀子 - 時には昔の話を - Single - 時には昔の話を

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/10450733

Listed below are links to weblogs that reference 夢を語りたい: