« October 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.29

えいくそ、地雷踏んだ

…小説を書く時に「ネタ」にするのはやはり『実体験』がいちばん強いわけで。でもそれをそのまんま書いても当然読者サマの共感を得る事はできないし、書いた当人が第一こっ恥ずかしいので、そのナマナマしい『実体験』を注意深く切り開いて手探りし、いちばん奥の中心にあるキレイな結晶のようなものを慎重に取り出し、それをためつすがめつしながら作品の中にはめこんで「表現」にすることになる。それが上手くいくと、いわゆる神話的『構造』のようなものにまで昇華する事がある。
…のだが。

『痛い』シーンを書くのにそれをやって、失敗しましたぁ。(どの話かはヒミツ)
すっかり治った(はず)の自分の「傷口(?)」をメスで切り開いて、その『結晶のようなもの』を取り出すはずが、うっかり手が滑ってザックリやって大出血したようなもので。しかもその傷口にぐさっと手を突っ込んだようなもので。
あう〜、立ち直れん。…アホや〜、こんなん。
なんですか、関東方面のネット仲間には胃腸風邪が流行っているようで、フィジカルにキツくて七転八倒している方には誠に申し訳ない、ヌルいこと極まりない話なのだが、なにせ当の本人は大型の地雷踏んで大爆発こいたようなものなので、もう心痛を通り越してフィジカルに痛いです。立ち直りにくいビョーキ持ってる時によりによって。はいそうです、その通りです。
いで〜よ〜。

| | TrackBack (0)

2006.11.27

オタクは世界共通。

ハウステンボスでのTVチャンネルが変更になり、CATVの事務所でもCNNが視聴できるようになった。(受信状態のチェックだけなので音声はオフっているが)

個人的にはCNNより、イギリスBBCとそれが伝えるイギリス人のどこかシュールな笑いのセンスの方が好きだったので残念なのだが、今日はたまたま(?)収穫があった。

Appleの共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏の(珍しい?)インタビュー。
…まぁ、字幕も無いので彼の話している内容は聞けなかったのだが、…ウケたのは、彼が今年出版した自叙伝「iWOZ: Computer Geek to Cult Icon」の発売サイン会の模様(リアルタイムで見た人は「今さら?」とお思いでしょうが)。

買った本にサインをねだるMacファンは当然として、驚いたのはMac Mini そのものPowerBook 本体を持って来て「これにサインしてくれ!」とやらかしていたアツいファン。───うわ、うらやましい(笑) そしてそれに応える優しいウォズ。

オタク心理は世界共通だなぁ。いやはや。

知ってる人はとっくの話題でごめんなさいね。

| | TrackBack (0)

Amazonインスタントストア

作ってみました。好きな本を好きなだけ盛り込んでみました。たのし〜♪

もちろん今後もグリグリ更新予定。

| | TrackBack (0)

シャア専用ポッキー。

ポッキー×ガンプラ - 人気定番商品のコラボレーションが実現 [MYCOMジャーナル:2006/11/24]

また食玩〜(泣笑) しかしこれがまた、量産型ザクの色が、MEN'Sポッキーのパッケージカラーにピッタリ! ポッキーが持てるってのがまた(笑)
でもって、赤いパッケージの「シャア専用」が〜〜〜!(笑)

いや、楽しませてもらいました。

| | TrackBack (0)

2006.11.16

起きた事に“ if ”はない。

…「だろう運転」な仕事ぶりの上司をどうこうと言っているが、正直なところ、我らがボスの仕事ぶりには本当に感謝している。感謝してもしきれない、家に足を向けて寝れないくらいだ。
今まさに佳境の仕事で、私が『高度に政治的』と揶揄するクラスのトラブルが起きるたび、即座にそれに立ち向かってどうにかこなしている様子を拝見するにつけ、「私だったらどうしただろう、対処できただろうか」と、ゾッとする。あぁだこうだとグチをこぼし、あるいは暴走ギャグに逃避(?)しつつも、やる事はちゃんとやっている(そりゃ、余波は喰らう。でもそれに比べりゃ愛嬌ていど)。
そして何より尊敬するのは「疲れたよ〜!」とか「あの野郎フザけんな!…って言ってやろうかなぁ」という類いのグチはこぼしても、「やんなきゃ良かった」とは一度も言ったことがない、という事だ。「やらなきゃいけない、避けて通れない」以上。

「私だったらどうしただろう」と何度も考える。(トラブルの発生原因が『…だろう』な見込みの結果かも という事は、この際 置いておく)。
でも答えは出ない。こればっかりはシミュレーションもできない。起きた事に“ if ”はないのだと、痛感する事しきりである。

…で、以前ならこれで罪悪感でいたたまれなくなっていた。「私には何もお手伝いできませんで…」と必要以上に小さくなっていた。まさに身を斬られる思い、誰も責めていなくても針のムシロだった。
しかし、そこに陥らないあたりで、あぁ私のウツもずいぶん良くなってきているんだなぁとホッとする。「それじゃあ、私はコッチの方を引き受けます!」と言える分野があることにも感謝する。
そんな霜月である。

| | TrackBack (0)

2006.11.14

たいざんめいどう電球いっこ

会社を早めにあがらせてもらって明るいうちにミストラルをディーラーに持ち込もうと思っていたのですが、何かと忙しくて気が付くと日暮れ
「これはイカン! 大村署管内で『指導』された翌日に佐世保署or川棚署につかまるのはイヤだ!」と思い、手近なところで馴染の大手カーショップに持ち込みました。

事情を話して、店内で待って(何がどうだってこのカーショップ、対応良いんだけど…、余計な買い物しちゃうんだよぅ!カーグッズって楽し過ぎる…)「できました」と聞いたら取り付けた電球が1個
「あれ? ここ(WAG○N-Rとかで良く光ってるトコ)ってテールランプありませんでしたっけ?」と聞いたら「えぇ、この車はここだけですよ」とニコやかな返事。
まぁとりあえず礼いって代金払って帰ったのですが、道中どうしても気になってしょうがない。
「後ろからみたら真っ暗だった」とまで言われて、テールランプの仕様がバンパー部の1対だけだったてのアリ!? と考えに考えた末…
閉店間際のディーラーに再度持ち込み。
駆け寄ってきたハリポタ風メガネ男子なメカニック君に(※残念ながら私の担当ではない)またもや事情を話すと「???」という顔。「とにかく配線をチェックしてみますね」と言ってくれたので「…あ、右スモールも切れてるのでソレお願いします(カーショップではバッテリーを外しての作業と言われたので保留にしていた)」と頼んで。
店内でお茶をいただきつつ待つことしばし、「できました」と戻って来た銀縁丸メガネ君の返事は。

「ミストラルのテールランプは、バンパー部の1対だけに間違いありません(^^;」

………だそうです、大村警察署の皆さん………

どかーん。

次に止められた時はどうやって説明しよう…

| | TrackBack (0)

「だろう運転」はとってもキケン。

…と言っても車の話じゃなかったりする。

「だろう運転」とはご存じかも知れませんが「来ないだろう」「止まるだろう」「大丈夫だろう」と甘く見てると大事故に!という意味の標語ですね。反対語は「かもしれない運転」。「来るかもしれない」「止まらないかもしれない」「大丈夫じゃないかもしれない」と常に考えつつハンドルを握りましょう、というもの。

…じつは、仕事でも「だろう行動」はとってもメイワク、と痛感した一日なのです(^^; 今日は。

「作業してくれるだろう」「気づくだろう」「分かるだろう」「大丈夫だろう」と思って簡単に指示をする(あるいはしない)と…、振られた方はとってもタイヘン!! という仕事が相次ぎましたもんで。

「今日はいつもの作業内容じゃないかもしれない」「見落とすかもしれない」「理解できてないかもしれない」なにより「おおごとになるかもしれない」…これを常に考えつつ、「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」を綿密にしてくれッ!!…と叫んでも後の祭り〜、な一日だったのでした。…って、まだ終わってないが。

そういうのをフォローするのに長けている自分…というのがちょっと悲しかったり。
(いかにそういう上司に恵まれていたかの証拠…)

| | TrackBack (0)

2006.11.13

初 パト。

終了間際にバタバタとした仕事を終えて、「さ〜て夕食は何にしようかな〜」と気持ち良く愛車を走らせていたら。自宅まであとわずか1km強、国道から市道に入る交差点の手前で、後方にきらめくパトライトに気づいた。
「あ〜何だろ、緊急だったらどかなきゃな〜」と思っていたら、そのパトカーが私のすぐ後ろに。
気持ち良く走る=けっこうスピードが出ている、だった私は当然あせりましたさ。でもでもッ、私の前のM○VEも飛ばしてるし、スピード違反はアタシだけじゃないぞッ!!と困惑しているうちに、ルームミラーに写る助手席のお巡りさんがマイクを手に取る姿が!
『あ〜、前のXX-XX(ミストラルのナンバー)、交差点を右折したら左に寄せて停車してくださ〜い』
がーん。

先行するM○VEはそれを聞いてか聞かずか、そそくさと交差点を曲がって消え失せました。

おとなしく指示に従い、エンジンを止め、窓を開けたら、駆け寄ってきたお巡りさんが穏やかに一言。
「すんませんねーお急ぎのところ。…おたくの車の、テールランプの切れとるですもんね〜」

え!? スピード違反じゃなくて、整備不良!?

言われて見ると、テールランプの4灯中3灯が切れているという、『後ろから見たら真っ暗かトですよ(byお巡りさんA)』状態(無事だった1灯は車体右下。つまり、後続車がいれば見えない位置)。
ブレーキランプは両翼とも無事だったのですが、リアウインドー上のがこちらも切れていて『車の高さがどんくらいあるかも分からんとです(byお巡りさんB)』という体たらく。
「…すすすすんません、いつもセルフで給油してるんで、見てくれる人がいなくて…」と小さくなっていると「そうですよね〜、最近は皆さんセルフで入れらスですもんね〜」とニコニコ。
結果、「今回は『指導』ということで。免許もせっかくゴールドなんですし、早めにディーラーに持って行ってくださいね」と、『おとがめなし』で済みました…ホッ。

あまりにビックリしたもんで、自宅から徒歩1分のスーパーに寄るのも忘れて、アパートに直帰してしまいました。…あぁそれにしても、キップ切られなくて良かった。佐世保署でも川棚署でもなく、大村署管内で良かった、のかも知んない。

そんなわけで、今日は“日没前に”車を工場に持って行きます。冬も近いし、タイヤも見てもらわなきゃな。

| | TrackBack (0)

あかりは大切です。

さて、退社間際になって緊急の仕事が入るのはよくある話ですが、夕方になって場内の某レストランから我がCATVに入ったSOSが「店内のBGMが流れないんです〜(;_;)」。
ケーブルがアヤシいらしいとの情報を得て、お店に行って見ると現場はレジカウンターの下。
薄暗いカウンターの下に潜り込み、機器を引っ張り出して奥でゴソゴソやっていると、ウエイトレスさんが「…明りか何か持って来ましょうか?」と親切に言ってくれました。
「あッすいません、お願いできますか? マグライト忘れちゃって…」と頼む私にほどなくして差し出されたのは。

ランプ(燭台)でした。───あの、お洒落なレストランでテーブルの上によくある、オイルキャンドルって奴。 

「これしかなくって…(^^;)」と恐縮するウエイトレス嬢Aと、「アタマいいね〜!」と感心するウエイトレス嬢B。───でも持ち手も付いててかざすのに問題ないしそこそこ明るいし、ありがたくお借りしましたが…なんてビクトリア朝気分なメンテナンスなんだ(^^; それに、いちばん見やすいところに置くと、自分の顔が熱かったり。

まぁでも、おかげで面白かったです。───その後、帰宅途中でパトカーに止められるわけですが、それはまた別の話。

| | TrackBack (0)

2006.11.12

幻ちゃんのとっても長い日?

昨日、仕事で作っていたDVDが「やりっぱ」だった(DVDへのエンコードとディスクフォーマットを、Macがウンウンいいながらやっているのを横目に帰ってきてしまった。徹夜になりそうだったんで)。でもって、それが今日は別のスタッフが使う予定のマシンだったもんだから、早朝から事務所に行って彼の出勤前にそいつを済ませた。マシンが少ないと時間差攻撃でかわさないとな〜。ここまでの所要時間、2時間。
で、朝の10時には同僚と相談の結果、「次の公休を変更した方が良さそうなので、退却〜!」と、今日を『休み』ということにして昼飯前に帰ってきてしまった。
今日の長崎県地方は風もなく良い天気だったので、洗濯などしながらベランダの植木のお手入れを少々。
休日恒例、たーちゃん小屋の掃除をし、ついでに自分部屋の掃除もし、夕方はTVを見ながら夕食。その後、HDDレコーダのディスク残量がなくなっていたので、録画番組の整理など。気が付くとこんな時間ですが、いや〜長い一日だったな〜。充実してたというか。あとは風呂はいって寝よ。

さて、明日ももつのかこの気力。

…あ、九龍の3rdは「もう少し」ですw

| | TrackBack (0)

2006.11.11

続・ばりばり。

季刊発行の社内報(この間オトしそうになったのは秋号。次は冬号)の原稿を今やってます。フルカラー4コマ2本は半分以上でき、文章の方は抜粋して推敲するだけ。
あ、誤解のないように言っておきますが(誰も訊いてない)、4コマはそのほとんどをAdobe Illustratorで描いてますので、ソフトウェアの練習を兼ねております、はい。

でもって、九龍の3rdもちゃくちゃくと進行中です。13日の週にはUPしたいなぁ、と。

ホント、どうした幻耶麻、何があった。


───あ、今年はInter BEE に予算がなくて行けない 腹いせ(?)かも知れん。

| | TrackBack (0)

2006.11.09

ねくたれ。

…ウチの相方は、爆睡していることを「寝くたれてる」と言いくさるのですが。
うわ〜ん、せっかくの平日公休なのに起きたら夜だったよ〜(夕方どころの話ではなかった ;_;)
食材の買い出しも、部屋の掃除も洗濯も、あぁそれどころか『九龍妖魔學園紀 re:charge』の全員プレゼント応募用の郵便小為替を買いに行くはずだったのに〜ッ(泣)
ぐっすし。
いいもん、次は必ず…

| | TrackBack (0)

2006.11.06

ここんとこ。

社内報4コマはかろうじて落とさずに済みました(自戒をこめて太字)
大仕事も無事に(?)済みました。
さて…

いま現在、なぜかバリバリと九龍の3rdを書いてます(苦笑)
今回はもう遺跡に突入したさ。あとは戦闘してエンディングってか。
どうした幻耶麻、何があった。

| | TrackBack (0)

2006.11.03

ちゃくちゃくちゃっく。

明後日の大仕事に向けて、
雑用済ませた、根回し済んだ、手配関係確認した、冬の準備終わった、システムチェックは明日の午前中、でもって夕方には仕込み───の間をぬって、やらなきゃいけない最後のひとつが『社内報の4コマまんが描き』ってのはどういうこっちゃねん(苦笑)

| | TrackBack (0)

2006.11.02

ちょっとだけ政治なハナシ。

…かなり毒吐いてますので、興味のない方はスルーしてくださいね。
ナガサキから、怒ってます。


…隣のイジメっ子が『てっぽう』を手に入れた。 「オマエは気にくわないからこの『てっぽう』で撃ってやるゾ」と脅しに来る。撃たれるのはイヤだから、ボクも『てっぽう』で撃ち返してやるんだ。隣より強いのがいいから、ホンモノを買って頂戴…。子どもがこう言ってきたら、親はどうするだろう。よしよし反撃しろと言って武器を買い与えるか。───違うだろう。隣の悪ガキから危なっかしいモノを取り上げるのが先だろう。警察のお世話になってでもだ。

「隣町のヤツらは、もっとスゴいのを持ってるんだ、ケンカになったら負けちゃう!」と言い張ったら? そも、隣町とのケンカの芽を摘むべきだろう。警察沙汰になるような大立ち回りをやらかす前に、隣町の子たちからもケンカ用の武器を取り上げるのが先だ。

───最近の『日本も核保有を論議すべき』とかヌカす政治家を見ていると、こんな「ガキのケンカ」に見えてしょうがないのだ。

だいたい、政府がおっしゃる「国民保護計画」の内容からして愚昧である。核攻撃の際は建物の陰に入れだと?ハンカチで口を塞いで上着を被って走って逃げろだと?そんなもん、間に合うわけないじゃないか。放射線の一部は厚さ30cm近いコンクリート壁もなんなく通過するということぐらい、ちょっと物理をやった人間なら誰でも知っている。布きれ一枚がなんの防護になるものか。60年前の「げんしばくだん」でさえ、人間が跡形もなく燃え上がり、コンクリートの建物が爆散し、鉄骨がアメのように溶け石碑の表面が沸騰して泡立ったのだ。バカバカしい。今これを議論しているお歴々は、原爆資料館をご覧になってないと見える。…それとも、数十年前にしたり顔で噂された、中性子爆弾なら建物は壊さず人間だけを殺し尽くすとかいう夢物語をまだ信じてらっしゃるのか? それにしたって、人間はすべて死に至るというのが核兵器の売り文句だ。そんなものが飛んで来たとして、どこに逃げるというのだろう?

この60年の世界を見ただけで、「核保有は核攻撃への抑止力にはなり得ない」ということぐらい、分かりそうなものだ。どこの国が持っていようと例外ではない。カネとリスクばかりかかって何の抑止力にもならないシロモノを、それでも欲しがる支配者というのは、ケンカに負けるの嫌さに、チェーンだのナイフだの木刀だのを使えもしないのにわんさと抱え込む不良に似ている。某国大統領もそうだ。
ドスやチャカでも勝てそうにないから、ダイナマイトを持ち出すって? 至近距離で火をつければ自分もドカンだ。そんなことも分からない「かわいそうなヒト」と、同レベルだということだ。

隣のライバルをやっつけたいから、ガスを充満させて火を着けた。自分も吹っ飛んだが近所も火の海になった。ガスを吸った人には後遺症が残った。───核戦争ってのはそんなもんだ。勝者などいやしない。
敵も味方も、軍人も市民も、人間も動物も植物さえも見境なくすべて焼き尽くし、かろうじて生き延びた者にも生涯消えない傷を残し、土地を汚染し、遺伝子を変質させ、遠い子孫にさえ暗い暗い影響を及ぼし続ける。それが兵器としての核だ。
そんなもの、誰が持っていたって、危ないに決まっている。どこで迎撃しようが、成功しないに決まっている。
核保有は核攻撃への抑止力にはなり得ない。だから、核攻撃を防ぐには、核廃絶しかないと言うのだ。
そんなことにも思い至らないで持論を吐いているA氏やN氏は、ご自分の無知蒙昧さをさらけ出しているのだということに、とっとと気づいていただきたい。

内閣官房「国民保護ポータルサイト」http://www.kokuminhogo.go.jp/

| | TrackBack (0)

2006.11.01

かもふら。


■ KONAMI、PSP「METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS」
迷彩柄のPSPを同梱したパッケージを発売
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20061030/mgspo.htm

迷彩柄のPSP ってだけで、MGSはでけんクセに買いそうな自分がちょっとイヤ。

…でもエースコンバットも欲しい… って、欲しいタイトルはそれだけですが。

| | TrackBack (0)