« 花火のイロハ… | Main | 相変わらずのアンビバレンツ・ホールド »

2006.12.17

バラしは、燃える。

2006年12月17日(日)。会社の事務所でひとりお留守番。
午前10時、「さぁ〜て、バラすかァ!!」とひとりでたぎるワタクシ。
そう、会社のデスクと豊富な工具を使って(といっても必要なのは細密ドライバーと六角レンチだけですが)、クラッシュしたPowerBookの内蔵HDDを換装するのデス。

まず用意したもの。
D1000017工具(写真)。細密ドライバー(右奥)と六角レンチ(左手前)。この、折りたたみナイフ型の六角レンチはとてもスバラシく、思わずガメて帰ろうかと思ったほどです(ダメだっつの)。そして、真ん中にあるのは…コンビニ売りの缶コーヒーのトップにハメてある、オマケを納めてあるカプセル。これは意外に便利!と、ギターとアンプのレストアが趣味の先輩に教えてもらったので、ためてました。外したネジを入れておくのだ。数が足りなかったので「リラックマ」小物入れにも出動願った。トホホ。

あとは交換用のHDD。けっきょく、以前から持っていたHITACHI 2.5インチ ATA HDD 80GB/8MB/5400rpmを入れる事にした。なんとなれば、近所のパソ屋にはシリアルATAのHDDがなかったの。ウルトラATAしか。も〜ネット購入も面倒だし時間ももったいないので、これを入れる事にした。

さて、バラしです。Macのパーツショップ「Vintage Computer」の、「PowerBook G4 12"/867 速報 (2003/1/24)」を参照しながら作業します。

ACアダプタを外し、バッテリーを外し、外から見えるネジをすべて外し、メモリールームを開けて中のネジ(黒)を外す。これらのネジ、ことごとく長短サイズの差があるので、戻す時に間違えないよう場所によって色違いのカプセルに納めていく。これで無くなる心配もナシ。

そしてここからが本番&前回分からなかったポイント、キーボード下に隠されているネジ(2カ所)を外すのだ!
左がF1とF2、右がF11とF12キーを「パキャ」と外す。これはもう、ナントカは度胸のノリでやるのがベストのようです(外れるように出来ているしな)。そしてここのネジを細密ドライバー(+)で外すと…なんと!キ−ボードが外れるのだ!(大げさ)

D1000023それにしても、復旧後の写真をご覧いただいてもわかるかと思いますが、これに白いシール貼って隠してあんだぜ〜。絶対わからん。つか、これでも分からん。

ここから先もレポートの通りに作業します。薄っぺらいキーボードを本体に接続している、これまたさらに薄っぺらいコネクタの保護シールをベリベリはがし、コネクタをよいしょと抜きます。慎重かつ力一杯ね。でもって、目につくシールドシールをガンガンはがし、隠れたネジも残らず抜きます。
さて…

ここからが難問! レポートでは「いよいよ、パームレストが外れた。」と一行で済んでますが、このパームレストの左下(つまりHDDの上)の部分は切り欠きとバネでガッチリ固定されており、相当なコツ(?)がいるのです! 某雑誌ではMacMiniをバラすのに「お好み焼きのヘラ(ハガシ)が便利」と書いてましたが…PowerBookのバラしにも、あった方がいいかも。金属製のハガシ。
それはともかく、十数分苦闘しているうちに、どうにか外れてくれました。

ようやく問題のHDDにたどりつき、ブラケットを止めているネジ2本を外します。コネクタはご丁寧にフィルムで持ち手が作ってあるので、それに指を通してエイッと抜きます。わ〜外れた。

ここでようやく、写真を撮る事を思い出したワタクシ。

D1000041はい、パームレスト部が完全には外れていないので、モニタ部でつっかいを当てているの図です。

D1000040外れた くだんのHDD。オノレ。

D1000037せっかくですので、中の様子など。

D1000036なんか、顔を隠そうとしている容疑者のようですが。

D1000035キーボード。うす〜い。

D1000034裏。やっぱり薄い。

D1000032交代要員とご対面。左が故障中(40GB)、右が交代要員(80GB)。

さて、元に戻します。ネジが余る事のないように!

D1000028こんなちっこいコネクタ(ちなみにトラックパッドの配線)にもフィルムの指輪持ち手付き。親切。

D1000025ビンボたらしく(?)シールドシールを戻してみたりします。大丈夫かな、シワとか。

D1000024今回最大の隠れキャラ(笑)、キー下のネジ。

D1000023_1キーを戻してみたところ。わかんないって〜〜〜!!!

D1000020メモリールームの長ネジ(黒)も戻します。ここからキーボードを固定しているのだそうです。んじゃ、これを抜かずに作業すると、確実にマシン死ぬだろうなぁ。

…というわけで、無事に、一本のネジも余る事なく(苦笑)、元通りになりました。

D1000018わ〜い、認識したよ! さっそく、OS X(Tiger)をインストールします。

D1000013
ピンチヒッターだった桐生のPowerBook『奈涸』をターゲットディスクモードにして、避難していたデータを移植しました。あぁ便利。あぁ感謝。

そんなわけで現在、
コンピュータ名: PowerBook G4 12"
CPU タイプ: PowerPC G4 (3.3)
CPU 速度: 867 MHz
二次キャッシュ(CPU 単位): 256 KB
メモリ: 640 MB
バス速度: 133 MHz

ATA バス:TOSHIBA MK8025GAS:
最大容量: 74.4 GB
空き容量: 23.31 GB
システムのバージョン: Mac OS X 10.4.8 (8L127)

となりました! ここまでの所要時間、約2時間デシタ〜。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/13152138

Listed below are links to weblogs that reference バラしは、燃える。: