« もちょっと変えよう | Main | アスリートに青バラを »

2007.02.25

逃げない。

今季からバレーボール・プレミアリーグ男子に昇格した大分三好は、21選手中14人が大分市の「三好内科・循環器科医院」で看護師などとして働く異色チーム。現在1勝15敗の最下位で苦戦が続いているが、逆境をバネに、はい上がろうという気持ちは人一倍だ。

asahi.com:病院チーム大奮闘 大分三好 バレー・プレミア男子 - スポーツ から2007年2月25日15時28分に引用

大分三好ヴァイセアドラー
病院らしいドイツ語のチーム名。ヴァイセは“白”。アドラーは“鷲”。
同様にリーグ昇格を目指す、地元長崎のサッカーチーム・V.ファーレン長崎と同じように(ファーレンはオランダ語で“[帆を掲げて]航海する”。Vは勝利のV)、スポーツ嫌いの私が「応援したい」と想うチームだ。

他チームの選手の大半がフルタイムでバレーに取り組んでいるが、多忙なときは午後6時すぎまで練習した後、仕事に戻ることもあるという。医療事務に就く小川は「人の命を預かっているから、みんな仕事にも絶対に手を抜かない」。

asahi.com:病院チーム大奮闘 大分三好 バレー・プレミア男子 - スポーツ から2007年2月25日15時37分に引用

「何を言われようと、何があろうと絶対に後にひかない、目も背けない。やりはじめたからには、すべてから」という選手の決意がすがすがしい。忙しい、体力的にきつい、時間がない、お金がない───すべてのハンディキャップから“逃げない”。だから、患者さんたちの目も暖かい。「応援したい」「頑張って」。
「三好に入院してるって言うと『あぁバレーのね』って───」。少女のように微笑んで老婆が言う。
どちらにも、素直に好感が持てる。だから、応援したい。

頑張れ、大分三好。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/14042420

Listed below are links to weblogs that reference 逃げない。: