« March 2007 | Main | May 2007 »

2007.04.28

今月の衝動(?)買い

腰を据えて大作に挑もうとするとしょっぱなからジャマが入って出鼻をくじかれてそのままになるのが関の山なので(と、フテくされて数年)、ちまちまとやれるゲームがないかなと思ったのが災いした。

パネルでポンDS
パネルでポンDS
posted with amazlet on 07.04.25
任天堂 (2007/04/26)
売り上げランキング: 19
おすすめ度の平均: 4.5
4 ターゲット
5 楽しみです!


SIMPLE2000シリーズ Vol.97 THE 恋のエンジン
D3PUBLISHER (2006/03/23)
売り上げランキング: 1759
おすすめ度の平均: 4.5
5 素敵です☆
5 純愛ドラマって癒されますね。
4 夏を感じる

最後のひとつが自分でもスゲー謎。

| | TrackBack (0)

それぞれの日常…?

築城400年となる熊本市の熊本城上空に27日、航空自衛隊の飛行チーム・ブルーインパルスが飛来した。祝賀飛行の練習でハートなどを空に描いた。

ところが、「ゴー」という突然の爆音に市民が驚いた。 飛来直後から、市には「うるさい」と49件の苦情が殺到、夕方のテレビニュースでも報じられた。

asahi.com:熊本城上空にブルーインパルス 広報不足で苦情殺到 - 社会 から2007年4月28日11時39分に引用


いいなぁ、見に行きたいなぁブルーインパルス。でも今日の今日じゃ無理だなぁ。
ホントに広報不足だよ、熊本市。


ちなみに今現在、長崎県大村市ではヘリコプターの爆音の下、陸上自衛隊の空砲と重機関銃の発射音が市の中心部で断続的に轟いております。が、ウチ近所では別に泣く子もおらず吠える犬もおりません。えぇ、毎日ではござんせんが、これが日常。

| | TrackBack (0)

2007.04.25

本日の作品。

たーちゃん作。
[寸評] 初夏の若竹をイメージした爽やかな作品です。
奥の部分に素材本来のエッジを活かしている点に、匠の心意気を感じます。

………なにやってんの、たーちゃん。

[正解] ウチのジャンガリアンハムスターが齧ったトイペの芯。なぜこんな形に。

| | TrackBack (0)

2007.04.24

陶器市シーズンまもなく到来

asahi.com:有田焼「究極ラーメン鉢」の豪華版、れんげ付き3万円 - ビジネス

29日から佐賀県で始まる有田陶器市で販売される。商品が入るキリ箱はシリアルナンバー入りで、専用れんげも付いて3万円(税込み)。浮き上がる鮮やかな鳳凰(ほうおう)など、13の窯元が技を凝らした豪華な作風に仕上げた。

asahi.com:有田焼「究極ラーメン鉢」の豪華版、れんげ付き3万円 - ビジネス から2007年4月24日14時14分に引用

限定版でないヤツなら、楽天でも取り扱ってマス。
家具&雑貨マーケット!Crast


皆守甲太郎君へはこちら。有田のおとなり波佐見から「究極のカレー皿」。


波佐見焼は有田焼の流れを汲みながらも、有田に勝るデザイン力と比較的リーズナブルな価格帯で、とても人気があります。そうした波佐見焼を背負って立つ、若手窯元さんたちが集まり、共同開発したのがこの『究極のカレー皿』です。

【楽天市場】和食器ギフト > 皿・プレート > パスタ・カレー皿:ギャラリー蔵もと から2007年4月24日14時18分に引用

これも楽天。ギャラリー蔵もと


…それにしても、隣同士の産地でなに競ってんだか (^^;

| | TrackBack (0)

2007.04.23

そうは言っても俺のせいじゃない

asahi.com:運転士の寝坊で電車運休 JR湘南新宿ライン快速 - 社会

運転士は自動起床装置をセットしたが、点呼担当者がもう起きたと勘違いして解除してしまったらしい。

asahi.com:運転士の寝坊で電車運休 JR湘南新宿ライン快速 - 社会 から2007年4月23日13時19分に引用

おウチに帰るまでが遠足です。確認までが点呼です……

| | TrackBack (0)

2007.04.21

“出る”よりこっちが怖い

エンジンが動いている状態、さらには食事も準備されているにもかかわらず船内に乗組員の姿は無く、オーストラリア沿岸部を漂流しているヨットが発見された。

謎を呼ぶオーストラリアの“幽霊船”騒動 | エキサイトニュース から2007年4月21日11時46分に引用

うええ、現代のマリー・セレスト号事件だ。
「片方の帆が破れている」ってのも良く取り上げられるハナシで、帆を下ろすヒマがない緊急事態に、ヨットマンが常備しているナイフを投げて帆を切り裂き、それで強風をやりすごそうと…とか何とか。

とにかく、乗員が無事に見つかることを祈ります。

| | TrackBack (1)

2007.04.19

ちゃんと調べンと、ばちかぶるヨ。

神仏が下す,悪事をこらすための報いやたたりを「罰があたる」と言いますが、これを「“ばち”があたる」と読む───、読みますよね?
こちらの方言では「ばちかぶる(罰被る、と書くのだろうか)」とも言いますが・・・、この「罰」を『ばち』という読みを「誤りだ!」と言っていた知人がいたので、調べてみました。

結果;辞書に載ってる。つまり、「あり」である。

こうした読み方は『呉音(ごおん)』といい、新辞林にはこれを『日本における漢字音の一。漢音の渡来以前に朝鮮半島経由で伝来した,中国南方系の字音に基づくといわれる音』とし、例として『「男女」を「なんにょ」と読む類。仏教関係や官職名などに広く用いられた。』とあります。

なんでも調べてみないとね。

ことばおじさんの気になることば
NHKアナウンス室ことば班
日本放送出版協会 (2005/05)
売り上げランキング: 131197
おすすめ度の平均: 4.0
4 これってホメことば?

| | TrackBack (0)

2007.04.18

最悪なニュース

事件の一報に触れた時に感じた「イヤな感じ」は当たっていた。

選挙戦まっただ中の長崎市に衝撃を与えた、伊藤一長・現長崎市長 銃撃事件。
前回の本島等市長銃撃事件の際は、平和都市ナガサキの市長として太平洋戦争に触れ、「昭和天皇にも戦争責任はあると思う」とした彼の発言にいわゆる『右翼』が暴走。銃撃された本島市長は重傷を負った。

しかし、伊藤市長にはそんな背景はなかった。本島氏の多選阻止を掲げて、いわば「対立候補」として立ったが、その後の平和活動は目覚ましく、どうしても「ホンネと建前」を使い分けたがる日本国政府にはっきりと異議を唱える形で、平和宣言を繰り返していた。「国」はウルサイ市長だと思っていたかも知れないが、少なくとも『右翼』を刺激する内容ではない。では、と思い出したのが昨年8月、加藤紘一・自民党元幹事長の実家と事務所が放火された事件だ。

この時も、加藤氏の発言等に「ムカついた」右翼はいたのかも知れない。しかし容疑者の男は「最後に右翼らしい行動を取ろう」という一般人には理解しがたい動機で犯行に及んだ。本人は「右翼思想に裏付けられた政治テロだ」と主張しているようだが、どうだろうか。当時の報道の中には、「組織からも浮いていた」「たいした“実績”はない」というものもあったように、記憶している。

それを、思い出したのだ。───はたして。

容疑者は調べに対し、「市長を撃って、自分も死のうと思った」と供述。さらに、市発注の歩道工事の現場にあったくぼみに車が転落した事故に対する補償交渉に市が応じなかったことへの不満や、知人の会社への融資などをめぐって市とトラブルになっていた経緯などを話しているという。

asahi.com:長崎市の対応に恨みか 容疑者は市と複数のトラブル - 長崎市長銃撃 から2007年4月18日18時21分に引用

アホか!と強い憤りを感じた。この男、いわゆる「クレーマー」ではないか。

(容疑者について)20年以上の付き合いがあるという元暴力団幹部は「自分のシノギ(稼ぎ)に執着する男で、金に特にうるさいタイプだ」と話した。「テレビで事件を知り、やりそうなことだと思った」

asahi.com:長崎市とトラブル、市長に恨みか 容疑者 - 長崎市長銃撃 から2007年4月18日18時22分に引用

あきれた。動機はバカバカしいが、この男の行動は確かに「民主主義への卑劣な挑戦」にほかならない。
暴力で行政サービスが動くようなことがあってはならないし、何より、他者が自分に「〜してくれない」から暴力を振るうというのは、愚の骨頂ではないか。それを正当化するような文書をマスコミにせっせと送りつけ、あげくこの犯行である。
自分で自分をどう美化しているのか知らないが、やっていることは「オトシマエつけてもらおうやんけ」と小市民にタカる暴力団の卑劣な犯罪そのままである。しかも、市の対応イコール市長への恨みって、アタマ足りないもはなはだしい。

そりゃね、卑近な例をあげればワタクシだって「融資を巡って」イヤな思いをしてないワケではない。5年に及ぶ通院と残業カットで負債が生じ、それをどうにか「正当な手続きで」借り換えようとここ数日走り回ってヘトヘトだし、その際にやれ書類が足りないのやれハンコを頼みわすれたのと、正直ちょっと苦手なタイプの担当氏に愚痴られて疲れ気味で、今日もぐったり寝てたのだ。それでも、この経緯は全部私の行動が原因で起こったものだし、その結果責任は私にあるわけだし、何より、こんな事までスムーズかつ快適に進んだりしたらバチが当たるってもんだ。本気でそう思っている。

だから、だ。

堂々と世界を見すえて平和を訴え続ける若き市長を(伊藤氏は長崎市初の戦後生まれの市長である)頼もしく思い、それゆえに「多選は良くない」と出馬を渋っていた氏に「いや、ぜひ来期も」と期待していた市民や賛同者はどうなる。

もっとも悔しいのはご家族だし、なによりご本人だし、それに近しい人たちだろう。

市長は、本名の「かずなが」を「いっちょう」と読み替え、「いっちょう、やるか!」という前向きなキャッチフレーズを掲げていた。

その言葉と行動を忘れず、ご冥福をお祈りするしかない。

| | TrackBack (0)

2007.04.17

裁判花盛り

世の中『逆転裁判4』の話題でもちきりですが(いや私の周辺は十分に)、
こんなコラムがありました。

手品@法廷に検察官ふてくされ、裁判官「うぉぉ!」

阿曽山大噴火コラム「裁判Showに行こう」 : nikkansports.com から2007年4月17日22時36分に引用

日刊スポーツのこのコラムは毎週楽しみに読んでるんですが、いやコレには笑いました。

このコラムの筆者の本ではないですが、こんなものも。

裁判官の爆笑お言葉集
長嶺 超輝
幻冬舎 (2007/03)
売り上げランキング: 120
おすすめ度の平均: 4.0
4 ちょっとした言葉が大事ですね
4 「真面目すぎる」のが面白い!
4 タイトルは「爆笑お言葉集」。当然それを期待して購入したのだが…。いい意味で期待を裏切った一冊。

| | TrackBack (0)