« 裁判花盛り | Main | ちゃんと調べンと、ばちかぶるヨ。 »

2007.04.18

最悪なニュース

事件の一報に触れた時に感じた「イヤな感じ」は当たっていた。

選挙戦まっただ中の長崎市に衝撃を与えた、伊藤一長・現長崎市長 銃撃事件。
前回の本島等市長銃撃事件の際は、平和都市ナガサキの市長として太平洋戦争に触れ、「昭和天皇にも戦争責任はあると思う」とした彼の発言にいわゆる『右翼』が暴走。銃撃された本島市長は重傷を負った。

しかし、伊藤市長にはそんな背景はなかった。本島氏の多選阻止を掲げて、いわば「対立候補」として立ったが、その後の平和活動は目覚ましく、どうしても「ホンネと建前」を使い分けたがる日本国政府にはっきりと異議を唱える形で、平和宣言を繰り返していた。「国」はウルサイ市長だと思っていたかも知れないが、少なくとも『右翼』を刺激する内容ではない。では、と思い出したのが昨年8月、加藤紘一・自民党元幹事長の実家と事務所が放火された事件だ。

この時も、加藤氏の発言等に「ムカついた」右翼はいたのかも知れない。しかし容疑者の男は「最後に右翼らしい行動を取ろう」という一般人には理解しがたい動機で犯行に及んだ。本人は「右翼思想に裏付けられた政治テロだ」と主張しているようだが、どうだろうか。当時の報道の中には、「組織からも浮いていた」「たいした“実績”はない」というものもあったように、記憶している。

それを、思い出したのだ。───はたして。

容疑者は調べに対し、「市長を撃って、自分も死のうと思った」と供述。さらに、市発注の歩道工事の現場にあったくぼみに車が転落した事故に対する補償交渉に市が応じなかったことへの不満や、知人の会社への融資などをめぐって市とトラブルになっていた経緯などを話しているという。

asahi.com:長崎市の対応に恨みか 容疑者は市と複数のトラブル - 長崎市長銃撃 から2007年4月18日18時21分に引用

アホか!と強い憤りを感じた。この男、いわゆる「クレーマー」ではないか。

(容疑者について)20年以上の付き合いがあるという元暴力団幹部は「自分のシノギ(稼ぎ)に執着する男で、金に特にうるさいタイプだ」と話した。「テレビで事件を知り、やりそうなことだと思った」

asahi.com:長崎市とトラブル、市長に恨みか 容疑者 - 長崎市長銃撃 から2007年4月18日18時22分に引用

あきれた。動機はバカバカしいが、この男の行動は確かに「民主主義への卑劣な挑戦」にほかならない。
暴力で行政サービスが動くようなことがあってはならないし、何より、他者が自分に「〜してくれない」から暴力を振るうというのは、愚の骨頂ではないか。それを正当化するような文書をマスコミにせっせと送りつけ、あげくこの犯行である。
自分で自分をどう美化しているのか知らないが、やっていることは「オトシマエつけてもらおうやんけ」と小市民にタカる暴力団の卑劣な犯罪そのままである。しかも、市の対応イコール市長への恨みって、アタマ足りないもはなはだしい。

そりゃね、卑近な例をあげればワタクシだって「融資を巡って」イヤな思いをしてないワケではない。5年に及ぶ通院と残業カットで負債が生じ、それをどうにか「正当な手続きで」借り換えようとここ数日走り回ってヘトヘトだし、その際にやれ書類が足りないのやれハンコを頼みわすれたのと、正直ちょっと苦手なタイプの担当氏に愚痴られて疲れ気味で、今日もぐったり寝てたのだ。それでも、この経緯は全部私の行動が原因で起こったものだし、その結果責任は私にあるわけだし、何より、こんな事までスムーズかつ快適に進んだりしたらバチが当たるってもんだ。本気でそう思っている。

だから、だ。

堂々と世界を見すえて平和を訴え続ける若き市長を(伊藤氏は長崎市初の戦後生まれの市長である)頼もしく思い、それゆえに「多選は良くない」と出馬を渋っていた氏に「いや、ぜひ来期も」と期待していた市民や賛同者はどうなる。

もっとも悔しいのはご家族だし、なによりご本人だし、それに近しい人たちだろう。

市長は、本名の「かずなが」を「いっちょう」と読み替え、「いっちょう、やるか!」という前向きなキャッチフレーズを掲げていた。

その言葉と行動を忘れず、ご冥福をお祈りするしかない。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/14755493

Listed below are links to weblogs that reference 最悪なニュース: