« 調子悪い | Main | くりやー。 »

2007.05.02

変な夢を見た。

変な夢を見た。

心臓を移植したか何かで、不要になった自分の死体が実家にある。
新しい臓器を使っている自分は、「腐る前にちゃんと火葬にしないとね」と、自分の死体がビニールにくるまれて仮置きしてある所を見ながら、家族とそれに必要な書類を探している。親父の本棚や、自分の昔の部屋やら、押し入れやらを片付けがてら探すのだが、「それ」だけがなかなか見つからない───。というもの。

あたりまえのようだが、「自分の死体」は布などにくるまれているので顔は見えないが私と同じ身長・大きさで、妙にリアルで、移植の時に医者から「後の始末(つまり死体の始末)は本人を含むご家族でお願いしますね」と念を押されたのも覚えてて、でもじゃあ「生きて」動いてる自分は何かっつーとこれもまた「自分」で───という。

「死体、ここに置いとくね」とフツーに家族に言っていたのが何だか(しかも置き場所は冷蔵庫の上のスキマだぜ)。そして火葬のための書類を探しているのも自分メイン。あれ?

・・・まあ、しょせん夢ですから。


それにしても、「自分の死体」ですか。うぅ〜む。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/14923505

Listed below are links to weblogs that reference 変な夢を見た。: