« 預かってしまったスズメのチュン。 | Main | チュンの卒業 (?) »

2007.06.21

その後のチュン。

昨日、スズメのチュンをボスにお返しし、今日はチュンは会社お休みです。奥様が家にいらっしゃるとかで(^^)
ボスと再会したチュンはもぉ甘えっぱなし。エサをねだるわ、お水をねだるわ(スポイトで飲むのだ)、遊んでとねだるわ、終いには出してとねだるわ(苦笑) 最後の「おそとに出たいよ〜!」攻撃にはボスも閉口していましたが、とりあえずボスと再会できた事を分かって甘えるチュンにデレデレでしたさ(^^;

それで思い出したのが、預かった当日。「じゃあ、お預かりしますね」と私がカゴを受け取った途端───、何か違う雰囲気を察したのか、チュンがすっごく不安そうな顔を。
なんだかね、「ボク、どうなるの? パパどこいくの?」と今にも泣きそうな・・・って感じの、せつな〜い顔になったのです。鳥って表情そんなに変わらないのにね。でもって、ボスをじーっと目で追うのです。なんかね、ボスもじわっときたそうです。「あの顔が頭から離れンとサ」だって。


そんな話をしていた昨日の帰り道、駐車場で「ちょっとやってみようか」とボスからカゴを受け取ってみました私。
「チュン、ばいばいw」とボスが言うのですが───、なんと、チュンは平気。お泊まりに慣れたのか、それとも本気じゃないと分かっていたのか。なんとも賢い子です。

それと、ウチで預かっていた時のハナシ。写真もUPしてましたように、上にチュン、下にジャンガリアンハムスターのたーちゃん、というおウチになったのですが、チュンにエサをあげていると「なんかイイ匂いがする!」とたーちゃんが出てきて金網をガリガリ齧り(「…上に何かいるよな?」と不審そうな顔も)、で、たーちゃんにエサをあげていると、もう寝ようとしていたチュンが「し、下から何か変な音がっ!?」とビックリする、というおかしなご近所さん。つけくわえると、掃除機をかけると轟音に驚愕してカタマったたーちゃんに対し、けろりとしているチュン(鳥って、低い音は聞こえにくいらしいです。吸気のヒューンという音だけに反応してました)。見てると面白かったですよ。

それに、チュンにエサをあげないといけないので、いつものように爆睡するわけにもいかず。あれこれ家事をやっていたら、ウチの中までキレイになってしまいましたとさ(笑)

それにしても最後の心配は・・・、あの子は自然に戻れるんですかねぇ───? 
(あの暴れっぷりを見てると、大丈夫のような気もするが)

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/15508249

Listed below are links to weblogs that reference その後のチュン。: