« やったヤツは正直に。っていうか、いまさら… | Main | ある意味びっくりニュース。 »

2007.10.19

[今のは悪い見本。]まるでお約束のようなオチ。

あ〜ね〜(絶句) 警察のコメントがナイスです。

ロバート・ガレスピー(38)が車を運転中に携帯メールを送り終え、顔を上げると目の前に、貨物列車が……。

ユージーン警察によると16日午前2時ごろ、ガレスピーが運転する車がユニオン・パシフィック鉄道の貨物列車の側面に突っ込んだ。

警察官がやってきたとき、ガレスピーは、車内に閉じ込められていたが、元気そうで話をすることもできた。

同警察広報によると、ガレスピーは飲酒運転および無謀運転で起訴された。ガレスピーの負傷は命にかかわるものではなく、貨物列車の乗員は誰も怪我をしなかった。

ガレスピーは制限時速56キロを超えるスピードで運転、携帯電話でメールを送信した。列車に気がつきブレーキを踏んだが間に合わなかったという。

「現代における注意力を散漫にする原因が出そろってます。運転中には、どれもやっちゃいけません」と同警察広報。

運転中、携帯メールを送って列車に突っ込む | エキサイトニュース から2007年10月19日19時12分に引用

かと思えばこんなのも。

福岡市博多区でJR鹿児島線の2本の列車の窓ガラスが相次いで割られた事件で、警察は博多区内に住む9歳と10歳の小学4年生の男子児童2人が、いたずらで石を投げて割ったとして補導し児童相談所に通告しました。

この事件は今月6日、福岡市博多区のJR竹下駅近くで走行中のJR鹿児島線の上りの快速列車と特急列車のいずれも進行方向左側の窓ガラス1枚ずつが相次いで割れたもので、乗客が「何かが当たったような大きな音を聞いた」と話したことから、警察は故意に何かが投げつけられたとみて捜査していました。
その結果、目撃情報などから(中略)小学4年生の男子児童2人が、いたずらで列車に向かって石を投げ窓ガラスが割れたことがわかりました。
警察は2人を補導し、19日児童相談所に器物損壊などの非行事実を通告しました。
警察の調べに対して、2人は「以前にも石を列車に向かって投げて遊んだことがあり、石が列車に当たり『ゴン』などと音がするのが楽しくてやってた。ガラスが割れたのは知らなかった。もうやりません」と涙ながらに話しているということです。

NHK福岡のニュース から2007年10月19日19時24分に引用

…「ゴメンナサイもうしません(T△T)」かぁ。たしか、軽い怪我をした人もいたのでやった事はもちろん悪いのだが…ちょっと(^^;

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/16809996

Listed below are links to weblogs that reference [今のは悪い見本。]まるでお約束のようなオチ。: