« いよいよ交替、かぁ… | Main | 文化祭で浮かれてヴァカをやる高校生じゃないんだから。 »

2009.11.12

九州の…… アホニュー…ス…?

NHK佐賀のニュース

警察署内で拳銃誤発射

11日午前小城市の小城警察署で拳銃の手入れをしていた警察官が誤って実弾1発を発射しました。実弾は、作業をしていた部屋にあったテーブルを貫通しましたが、けが人はありませんでした。

11日午前10時すぎ小城市の小城警察署の「相談室」と呼ばれる市民が相談に訪れる部屋で27歳の巡査長の男性が拳銃の手入れをしていたところ、誤って実弾を発射しました。
部屋には、あわせて7人の警察官がいましたが、実弾は作業を行っていた厚さ2.5センチの木製のテーブルを貫通したあと、床にあたりました。
けが人はありませんでした。

NHK佐賀のニュース

警察署内で拳銃誤発射
佐賀県警察本部によりますと、この拳銃は、35歳の巡査長の女性に貸与されていたもので、拳銃の部品がうまく解体できなかったため、代わりに男性巡査長が作業を引き受け、引き金を引いたということです。
拳銃の手入れにあたっては、通常保管庫から取り出したあと、実弾を取り出すことになっていますが、11日は、保管を担当する別の警察官が実弾を取り出していなかった上、実弾が装てんされているかの確認もされなかったということです。
小城警察署の圓城寺勝義副署長は、「警察署内で誤って拳銃を発射するというこのような事故を起こし、誠に申し訳ありません。拳銃管理の指導を徹底して再発防止を図りたい」と話しています。


NHK福岡のニュース

排水溝に“オオトカゲ”


11日、筑前町の会社の敷地内にある排水溝で、体長70センチほどの大きなトカゲが見つかりました。
南アジアなどに生息する「シュミットオオトカゲ」とみられ「落とし物」として引き取った警察では、ペットとして飼われていたものとみて飼い主を捜しています。
警察に引き取られたのは、しっぽの先までの長さが70センチほどの大きなトカゲで、体の模様などから南アジアなどで水辺に生息する、体長約70センチの「シュミットオオトカゲ」とみられるということです。
「シュミットオオトカゲ」は、成長すると1メートル20センチほどになるものもいますが、福岡県によりますと、県が条例で定めている危険な動物には指定されていないということです。
このオオトカゲは、11日午前9時すぎ、筑前町篠隈の機械製造会社の敷地内にある排水溝の中にいるのを、従業員の男性が見つけて朝倉警察署に届けたもので、警察では「落とし物」として引き取りました。
オオトカゲを発見した男性は、「びっくりしましたが、みんなで協力して捕まえました。飼い主のもとに戻ってほしいと思います」と話していました。
先月13日にも、近くの池で大型のトカゲが目撃されているということで、警察はペットとした飼われていたトカゲとみて飼い主を捜しています。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/46738054

Listed below are links to weblogs that reference 九州の…… アホニュー…ス…?: