« July 2010 | Main | December 2010 »

2010.08.05

今は昔。

タイトルだけ見て現代の不祥事かと思ったら、8世紀頃の話なのね。納得するやらしないやら。

古墳壊し鳥坂寺を造営 大阪、整地に墳丘の土転用 - 47NEWS(よんななニュース)

古墳壊し鳥坂寺を造営 大阪、整地に墳丘の土転用

 大阪府柏原市にある飛鳥時代後半(7世紀後半)の古代寺院「鳥坂寺(とさかでら)」跡で、前期古墳を壊し敷地を平らにして寺を建立していたことが分かり、4日、同市教育委員会が発表した。

 同市教委によると、前期古墳を破壊して寺院を建てた例は珍しいといい、「古墳が自分たちの祖先の墓という意識がなく、平地も少ないため壊したのではないか」としている。

 金堂の南側の整地土からは4世紀ごろとみられる古墳の埴輪片や石材が出土しており、古墳の土などを用いて整地に利用したらしい。

 本尊を安置する金堂は1962年に発掘されたが、今回、史跡指定に向け再び発掘。前回、倒れた状況で出土した羽目石、束石と呼ばれる基壇の板石計7枚や、金堂の階段前に礼拝石として置かれていた6世紀ごろの石棺のふた石も確認した。

 歴史書「続日本紀」には、756年に孝謙天皇が鳥坂寺を参拝したとの記録があるが、今回の調査で出土した土器から金堂が8世紀に修築されたことも判明。市教委は「天皇訪問に備えて修築したのかもしれない」と推測している。

 現地説明会は7日午前10時から午後5時まで。
2010/08/05 06:02 【共同通信】

| | TrackBack (0)