« April 2011 | Main | June 2011 »

2011.05.28

しまった買いに行っとけば…、いやいやウソウソ。

NBC NEWS -長崎のニュース最新版- | NBC長崎放送

けしの花混入 回収呼びかけ
05月27日
今年2月から3月にかけて長崎県内で販売された花の中に、法律で栽培などが禁止されている麻薬の原料のけしの花が混入していたとして、県で回収を呼びかけている。 回収を呼びかけているのは「オリエンタルポピー」として今年2月から3月にかけ、長崎県内で販売され麻薬のテバインの原料になるとして、麻薬取締法で栽培などが禁止されているハカマオニゲシ。 この花は福島県の園芸農家から誤って出荷され、東京の消費者が気づき、東京都福祉保険局が出荷ルートなどを辿ったところ、長崎県内では西彼・時津町のコメリホームセンターパワー時津店で今年2月から3週間販売されていたことが分かった。 「オリエンタルポピー」として販売された27株のうち、けしの花は10株ほど含まれていたということで、深紅の花びらのつけ根から中心にかけて黒っぽい斑点があるのが特徴。 県では販売店とともに、買った人からの回収を急いでいる。

しまった、買いに行っとけば…、いやいやウソウソ(笑)

| | TrackBack (0)

2011.05.17

行ったり来たりしてるんだ…

NCCニュース|NCC長崎文化放送|デジタルは5ch

巡視船「でじま」被災地から帰港
東日本大震災の被災地で行方不明者の捜索に当たった長崎海上保安部の巡視船「でじま」が長崎港に帰りまました。「でじま」には潜水士ら30人が乗り組み、今月3日から11日間、岩手県沿岸で行方不明者の捜索をしました。派遣は震災直後に続き2回目です。不明者の発見には至りませんでしたが、サルベージ会社が発見した2人の遺体を引き上げたということです。

2011年05月16日 19時37分

KTNテレビ長崎  ニュース・天気

震災被災地派遣の巡視船が帰港
 東日本大震災の行方不明者の捜索などのため派遣されていた海上保安部の巡視船がけさ長崎に戻り、被災地での活動を報告しました。 午前9時、16日ぶりに長崎港に戻ってきたのは海上保安部所属の巡視船「でじま」です。「でじま」は先月30日に長崎港を出港し、今月3日から11日間、岩手県沖の大槌湾で行方不明者の潜水捜索などにあたりました。現場の海は未だに千人近くが行方不明となっている大槌町の沖合いで派遣中の「でじま」は民間の船会社が発見した2遺体を収容しました。巡視船「でじま」濱岡 祐一 船長「海水温が長崎と比べて10度低い、肉体的にはきつかった」でじまの被災地派遣は震災直後の3月11日以来、2回目で、次の派遣は未定だということです。

被災地派遣の海保巡視船帰港 - NHK長崎県のニュース

被災地派遣の海保巡視船帰港

岩手県の沿岸で行方不明者の捜索にあたった長崎海上保安部の巡視船「でじま」が16日朝長崎港に帰港しました。
長崎海上保安部の巡視船「でじま」は今月3日から岩手県の大槌湾で行方不明者の捜索にあたり16日朝9時すぎ長崎港の松が枝岸壁に戻りました。
長崎海上保安部によりますと潜水士6人を含む乗組員30人が11日間捜索などにあたり行方不明者の発見には至らなかったということですが民間のダイバーなどが発見した遺体2体を引き上げたということです。
巡視船「でじま」の濱岡祐一船長は「今回の派遣は2回目で到着したときには震災直後の状態とほとんど変わっていないと感じたが、がれきの撤去が目に見えて進んでいった」と話しました。
また乗組員については「長い任務となって乗組員はストレスを感じたと思う。長崎に比べて海水の温度が10度も低いので肉体的にもきつかったはずです」と話していました。

05月16日 12時32分

海水温の差が10度…!! やっぱり日本は南北に長いんだなぁ…。

| | TrackBack (0)

2011.05.14

かわいくて良いと思う!!!

SNAが新名称に - NHK長崎県のニュース

SNAが新名称に

長崎など九州各地と東京を結ぶ便などを運航するスカイネットアジア航空は、今年7月以降、機体に塗装するブランド名や便名を「ソラシドエア」に一新することになりました。
スカイネットアジア航空は宮崎市に本社を置く新規航空会社で、宮崎や長崎など九州の5つの空港と羽田や沖縄を結ぶ9路線で1日54便を運航しています。
就航から10年目を迎えるのを前に、機体に塗装するブランド名や便名を「ソラシドエア」に一新することを決め、12日羽田空港でお披露目が行われました。
「ドレミファソラシド」の音階に「空から笑顔のシード、種をまく」という意味をかけたということで、垂直尾翼につけるロゴマークも、大空に浮かぶ笑顔をイメージしたものに変えました。
「ソラシドエア」のブランドは今年の7月1日から使用し、これにあわせて女性の客室乗務員の制服も、スカーフに明るい緑色を配した最近では珍しいワンピース型に変更します。
新しい塗装をほどこしたボーイング737型機を今後2年間で6機導入する予定で、今ある機体も順次、新しいデザインに塗り替えるということです。
スカイネットアジア航空の伊東正孝社長は「名前だけでなく安全やサービスの品質も向上させ、九州の翼として航空の大競争時代を勝ち抜きたい」と話していました。

05月13日 12時39分

九州の翼、「ソラシドエア」に改称 写真特集


かわいくて良いと思う!!!でも今の南国な塗装も、とっても捨てがたいんだけどなー(´・ω・`) アレがなくなるのは寂しい。

| | TrackBack (0)

2011.05.09

お帰りなさい。

年が変わりました。…なにより、たいへんな事が起きてしまいました。
でも。ともかく。お帰りなさい。

海賊対処の護衛艦が帰港 - NHK長崎県のニュース

海賊対処の護衛艦が帰港

アフリカのソマリア沖で各国の船を海賊から守る活動をしていた海上自衛隊佐世保基地の護衛艦2隻が9日、佐世保港に戻りました。佐世保港に帰港したのは、▼護衛艦「ゆうだち」と▼護衛艦「きりさめ」の2隻で合わせておよそ390人の隊員が乗り込んでいます。去年12月に佐世保港から出発した2隻は海賊によって各国の船舶が危険にされされているソマリア沖のアデン湾でおよそ5ヶ月間外国籍を含む287隻の船の護衛をしたということです。
このうち護衛艦きりさめはことし3月、日本の船舶を襲って、アメリカ海軍に拘束された海賊4人を移送し海上保安庁に引き渡す初めての任務を行ったということです。佐世保港の倉島岸壁で行われた式典で派遣部隊の伊藤弘司令は、「160日間の任務を終え、ただいま帰還しました。武器・装備ともに異常ありません」と報告しました。
式典のあと久しぶりに子どもを抱いた男性隊員は、「出発する前より重くなっていました」と感慨深げに話し、派遣中に起きた東日本大震災については「文字による情報しかなかったのでどれぐらい被害がひどいのかイメージがつきませんでした」と話していました。

05月09日 19時02分

| | TrackBack (0)