« November 2011 | Main | January 2012 »

2011.12.16

ふたつの解体

川南造船所跡内部を公開 - NHK佐賀県のニュース

川南造船所跡内部を公開

戦時中、軍需工場として使用され、特攻用の特殊潜航艇も造っていたとされる伊万里市の川南造船所跡が解体されるのを前に、15日、建物の内部が公開されました。
伊万里市山代町にある川南造船所跡は、戦争の悲惨さを伝える遺跡として保存を求める声があった一方で、地元の住民らは老朽化が進み危険だとして市に撤去を要望していたため、伊万里市は、建物を解体することにしています。
15日は、解体作業が始まるのを前に、ふだんは立ち入り禁止となっている建物の内部が報道関係者に公開されました。
建物は、昭和10年ごろに建てられ、戦時中は軍需工場として特攻用の特殊潜航艇などを造っていたとされており、戦後も造船所として使われてきましたが、昭和30年ごろに閉鎖されました。
建物の柱には「安全はあなたを守る国守る」などという建設当初のものと見られる標語が今も残っていて、当時の造船所の様子を伺うことができます。
また、床には、部品などを運ぶために建物の中央を縦断するように敷かれていた線路の跡なども残っていました。
川南造船所跡は、今月22日以降に解体作業が始まり、来年3月中旬ごろまでに解体が完了するということです。

12月15日 19時30分

ネイブルランドの解体 本格化 - NHK福岡のニュース

ネイブルランドの解体 本格化

13年前に閉園し、大学の進出が決まった大牟田市のテーマパーク「ネイブルランド」の跡地で、閉園後も施設の象徴として残っていた入り口部分の三角屋根の建物の解体作業が始まりました。
大牟田市の「ネイブルランド」は市などが出資した第3セクターのテーマパークとして平成7年にオープンしましたが、入場者の減少でわずか3年で閉園し、大牟田市は今月、およそ4ヘクタールの跡地を、学科を増設する帝京大学に無償で譲渡することを決めました。これを受けて閉園後も残っていた水族館や植物園などおよそ10の建物の解体作業が今月に入って行われ、15日からは施設の象徴だった三角屋根の建物を解体する作業が始まりました。
作業は重機を使って行われ、三角屋根が並ぶエントランス部分の解体だけで数日かかるということです。
ネイブルランドをめぐっては大牟田市が閉園に伴う29億円の借金を10年かけて返済するなど、長年、市の財政を圧迫してきました。解体作業を見ていた市民の1人は「建物がようやく解体されすっきりした」と話していました。
大牟田市によりますと、来年2月中には、すべての建物の解体を終え、3月からは、大学が新しい校舎の建設を始めるということです。

12月15日 18時59分

惜しまれる遺構、惜しまれないハコモノ。

| | TrackBack (0)

なんか歴史ある名前に戻ったような気がするが(違

KTNテレビ長崎  ニュース・天気

長崎空港A滑走路を「大村飛行場」に
長崎空港A滑走路を「大村飛行場」に
動画を再生[動画]

 主に海上自衛隊の航空機の離着陸に使用されている大村市の長崎空港A滑走路が、きょう付けで国土交通省から防衛省に管轄が移り、名称も「大村飛行場」に変わりました。

 「大村飛行場」は、かつては大村空港と呼ばれ戦前からの歴史がありますが、新しい海上空港が誕生した1975年以降はA滑走路の名称で、主に海上自衛隊の航空機の離着陸や離島からの患者の搬送などで利用されていました。きょうは海上自衛隊大村航空基地内で「大村飛行場」の設置式がありました。式では基地の隊員や地元の住民などおよそ460人が参加し、バスで滑走路の見学などを行いました。この滑走路では、付近住民が長年騒音問題に悩まされていて、防衛省の管轄となった今後の対応について、第22航空群の渡邊剛次郎司令は次のように話しました。

 海上自衛隊 第22航空群 渡邊剛次郎司令「今後防衛省としまして、住宅防音工事の助成につきましてこれを進めていく予定になっていると聞いている」

 今後の大村飛行場の運用について、基地では「西の海上防衛の要でもあり、急患輸送や災害派遣の拠点として活動を続けたい」としています。

| | TrackBack (0)

2011.12.05

なんとこっちも行って来ましただよ!!!

新田原基地で航空祭 - NHK宮崎県のニュース

新田原基地で航空祭

新富町の航空自衛隊新田原基地で航空祭が行われ、東日本大震災で所属する宮城県の基地が被災した「ブルーインパルス」がアクロバット飛行を披露しました。
新富町の航空自衛隊新田原基地の航空祭は毎年この時期に行われ、4日は県外から訪れた家族連れなど、およそ8万人が集まりました。航空祭では、新田原基地に所属するF15やF4戦闘機が編隊飛行や低空からの急上昇などを披露しました。
また、東日本大震災で活動した航空自衛隊の救難捜索機やヘリコプターが地上の被災者を救助する実演も行われました。
東日本大震災で所属する宮城県の松島基地が津波の被害を受けたブルーインパルスも参加し、空中に煙で大きなハートの形を描くアクロバット飛行などを披露し、会場を沸かせました。
熊本県からきた女性は、「子どもが飛行機が好きなので来ました。一糸乱れぬ編隊飛行がすごいです」と話していました。

12月04日 12時23分

弟が無理に誘ってくれてな♪ や〜行って良かったわ!

…でも、ナヴィの画面見たら「川南町」の文字がすぐそばに。昨年はF-15の全国一斉落し物祭りどころか、口蹄疫でタイヘンだったんだよね(´;ω;`) どこも大変だけど、がんばってる日本!!!

| | TrackBack (0)