« 見に行きたい。 | Main | ついに来たなぁ »

2012.05.02

県が新しい防災ヘリを導入、&。

NCCニュース|NCC長崎文化放送|デジタルは5ch

県が新しい防災ヘリを導入
県の防災ヘリが19年ぶりに新しくなりました。災害現場や救急現場での活躍に期待が集まります。
新しく導入された県の防災ヘリコプター「ながさき」は、フランスのユーロコプター製で、購入費用は9億9750万円です。
最高速度は時速287キロ。前のヘリに比べ30キロもスピードアップしました。
飛行距離も240キロ延び、一度に792キロの長距離飛行が可能になりました。
さらにハイビジョンカメラも搭載され、災害現場などの映像を県の災害対策本部にリアルタイムで送ることができます。
新しいヘリの導入で機動力や情報収集能力が大幅にアップしました。
普賢岳噴火災害をきっかけに1993年に導入された初代防災ヘリは、救助活動や消防活動など19年間で3403件の出動がありました。東日本大震災でも物資の運搬などで活躍しましたが、古くなったため現役を引退します。

2012年05月01日 20時12分

初代はカワサキ。BK117C-1だそうで…って、売りに出とるぞ!?

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23437/54610927

Listed below are links to weblogs that reference 県が新しい防災ヘリを導入、&。: