パソコン・インターネット

2008.03.18

因果は巡るネット上

ふと思いついて
自分の本名をググってみたら
エラいことになりますた。

姓も名もよくある名前なのですが、両方を組み合わせると稀なネームになるのです、我が家の場合。

というわけで、「Amazoonの“欲しいものリスト”の設定まちがうとタイヘンだよ〜!」の報道で、ちと検索してみたら仰天の事実が。

で。ワタクシのことはいったん置いて。
ウチの弟の実名も検索してみました。もちろん、漢字で。

某ハウスメーカーの某県営業所の営業マン氏に同姓同名氏が。
しかもそれ、我が家と同じメーカー(爆)

でもって。
我が親父殿は

某官庁の報告書アーカイブスに現場担当者として本人の名前が。(名前だけだけど)
しかもそれ、20年前の案件(爆)
…親父の名前はともかく、本文がOCRでスキャンしたものらしく所々に誤字が(汗)

はい、そしてワタクシ。一字一句たがわぬ同姓同名さんでヒットしたのは、

海上自衛隊[わりとご近所]基地所属。

どんだけ〜〜〜っ!!!

| | TrackBack (0)

2008.02.24

退却〜〜〜!

人気ネットアニメ「やわらか戦車」作者・ラレコさんの新作「キャラ爆」の登場キャラクターに、秋田市在住のデザイナー・大内和人さんが制作した秋田のご当地キャラ「あんつぁ」が選ばれ、1月29日にラレコさんのブログで公開された。

 「キャラ爆」は、ラレコさんが「他の作家が制作したキャラクターを親愛の情を込めて『爆破』することで、その作家の作品認知に貢献できる」との発想からフラッシュアニメを制作し、自身のブログ「やわらか戦線異状なし」で公開しているもの。

「やわらか戦車」作者が他作家のキャラを「爆破」−なまはげキャラも標的に - 秋田経済新聞 から2008年2月24日22時22分に引用

わはは! 「親愛の情を込めて『爆破』」ってのがいいね!

昨年12月に1作目を公開したところ、「自分の作品も爆破してほしい」との応募が数件ほど寄せられ、そのなかから大内さんの作品を2作目として採用した。

 大内さんが制作するアニメ「んだがらしゃ。」の主人公「あんつぁ」のモチーフは「なまはげ」。同キャラクターは、自身が制作するネットアニメ作品のほか、秋田県が主催する勉強会のシンボルマークなどにも使われてきたが、有名作家の作品に登場するのは初めて。大内さんは「ラレコさんの活動は1人でもこれだけのことができるという手本で、何より制作者自身が楽しんでいる様子が伝わってくることが素晴らしく、ブログも毎日チェックしている」と応募の動機を話す。

「やわらか戦車」作者が他作家のキャラを「爆破」−なまはげキャラも標的に - 秋田経済新聞 から2008年2月24日22時24分に引用

「自分の作品も爆破してほしい」って(笑) みんな好きだなぁ。

大内さんは「これほど派手に爆破されるとは思わなかった。『なまはげ行事』が行われる大みそかには仕返しをしたい(笑)」

「やわらか戦車」作者が他作家のキャラを「爆破」−なまはげキャラも標的に - 秋田経済新聞 から2008年2月24日22時24分に引用

是非!(爆笑) 見たいな、なまはげに追っかけられて泣いて退却する兄じゃ達。

| | TrackBack (0)

2008.02.06

二つ名メーカー

友達の青海さんの日記でやっていたので、実際にやってみた。

二つ名メーカー
名前を入力するとライトノベル風の二つ名を生成するよ。

幻耶麻さんの二つ名は…「歌う預言者(アノニマストラウマ)」です

ええとあの。

【会社での通り名】では…「浮遊領域(フローティングテリトリー)」です <確かにゲリラです。
【いちおう本名で】では…「幻惑物語(アナザーフラワー)」です <人をケムにまきます
【ネットでの別名】では…「叛乱鍵盤(シークレットオーバードライブ)」です <長文ご無礼です
【昔のペンネーム】では…「浮遊散華(ミッドナイトプレジャー)」です <「散華」ってキーワード、よく使ってました

うわあああ、すべて!反論できません。ってか、●●メーカーってどーしてこう的確なのよさ。

みなさんも良かったら。
責任はもちませんが。

| | TrackBack (1)

2008.01.12

B&W G3改の その後の顛末

Power Macintosh G3 Blue & Whiteをお使いの場合は、SonnetインストーラとCrescendo/ZIF G4をインストールする前に、コンピュータにインストールされているSCSIアダプターカードとSCSIドライブを取り外す必要があります。SCSIカードとSCSIドライブを取り外してから、内蔵ATAバスに接続のハードドライブからコンピュータを起動し、Sonnetインストーラ(Crescendo/ZIF G4のサポートに必要なファイルがインストールされます)をインストールして下さい。ソフトウエアのインストールを完了してからSCSIカードとSCSIドライブを再度接続して下さい。

ソネット社 Crescendo/ZIF G4: Power Mac G3 & G4プロセッサアップグレードカード から2008年1月12日21時42分に引用

こ の テ ク ニ カ ル ノ ー ト を 掲 示 し た の が 具 体 的 に い つ な の か 言 っ て み な さ い

ガッデム!!

驚異的なまでの遅さを記録した我がMacintosh B&W G3改 に、今日ひさびさに手を付けた。
というか、内部に手を突っ込んだ(爆)

ATAカードを外し、USB2.0カードを外し、SCSIカードもCPUアップグレードカードも外した状態で(つまりメモリと純正CPUしか刺さってない状態で)、認識も初期化もできなくなっていた2発目のHDDの初期化とOS X の新規インストールを試みた。

あ っ さ り う ま く い き や が ん の

どーゆーこっちゃねん! と思いつつも、まぁうまくいったんだしお次はCPUアップグレードカードのファームウェアをダウンロードして…と思ってサイトをあちこち見ていたら。
見つけてしまったわけだぁよ、前述の文章を。

はよ言わんかい!!!

しかも、ファームウェアは「あ〜OS9なら要るけど、最初からOSXが入ってるならどっちでもいいよ〜まぁ入れるに越した事はないけどね〜、なくても表示がバケるくらいみたいだし〜お好きにどうぞ〜」って なんやねんそれ!
※該当企業の名誉のためにつけくわえれば、すっげェ端折って書いてます※

なんかもう、最小規模でインストールした2発目のHDDが虚しい・・・


そして本命のPowerMac9600改はまだ手つかず(滝汗)


| | TrackBack (0)

2007.09.09

情けはひとのためならず

え〜、随分と間が空いてしまいました。何をやっていたかというと

休職してました。 ドクターストップで3週間の自宅療養。ま、休める期間に前もって休んどこうみたいな感じだったんですが、

さすがに前半は寝たきり。予想外にダメージを喰らっていたようです。んで、後半ようやく復活してきて家族サービスとか友人サービスとかやっていたんですが、その友人サービスの中でも最大のヤマ場が

PowerMac9600改にOS Xを搭載

はい、ここ見てるマカーの皆さん。そうですとも、やりがいがありましたとも。

けっきょく断念したけどな _| ̄|〇

で。
それをやる過程でB&W G3改のHDDもちょいと手直ししておこうと思いつきました。PM9600の仕様とごっちゃになって、120GBのHDDを80/40にパテ切って搭載しちゃったもんで狭くって。

いやぁ、やはり“情けはひとのためならず(情けを人にかけておけば,巡り巡って自分によい報いが来るということ)”ですなぁ。B&Wが復活した時と同様、アレコレやっているといろいろと思いつくものですわ。

そして、その過程で本題を上回るトラブルが発生するのもお約束 _| ̄|〇

悪戦苦闘七転八倒試行錯誤の悪あがきを繰り返したあげく、ようやく主犯とおぼしき事項にたどりつきました。

●Power Macintosh G3 (Blue and White)(ロジックボード名:Yosemite)

俗にポリタンク・マックとも呼ばれた。Beige Mac の後継機種で、SCSI ポート、シリアルポート、floppy drive が無くなって、USB と firewire が採用された最初の Power Mac です。またEthernet 10/100 BaseT となりました。メモリーも PC100 DIMM へと変わり、それまで DIMM 1枚で最大128 Mbyte までだったものが DIMM 1枚で最大256 Mbyte までとなりました。

(中略)

問題点

(1)初期型の Yosemite には IDE コントローラの KAG1 というチップが PCI slot 近くのマザーボード上にあり、後期型はそれが KAG2 という改良チップになっています。確かめるには、実際に探してみるとチップ表面に印刷されているので簡単。 KAG1 の場合には内蔵 UltraATA/33 に had drive を増設するのが困難。つまり、使いたい hard drive がうまく動くかどうかは、実際に動作させてみないと分からないという不都合があります。

林檎迷宮|yosemite から2007年9月9日1時0分に引用

そういう事か _| ̄|〇 

…UltraATA 133の拡張カード買うか、やっぱ…

B&W G3改が本当のメインマシンになるまで、あと少し。

| | TrackBack (0)

2007.07.26

助けられたり助けたり

コンピュータ名: PowerMacG3series/Blue and White 改
コンピュータの機種: PowerMac1,1:M6665J/A
CPU タイプ: PowerPC G4 (2.1):Sonnet Crescendo/ZIF G4 (EG4-1000-1M-U)
CPU 数: 1
CPU 速度: 1.00 GHz
ATAバス: HITACHI DVD-ROM GD-3000
内蔵HDD: Ultra ATA 120GB + 120GB
システムのバージョン: Mac OS X 10.4.10 (8R218)
カーネルのバージョン: Darwin 8.10.0

どんなBlue& White G3 だよ


・・・おかげさまで、完成しましたBlue& White G3 改。
工事完遂を快諾してくれたけん兄ィちゃん、ありがとぉ〜(感涙)
これで、内蔵HDDをもいっちょ増設して、モニタを買い替えて(譲るので)、MIDIケーブル買ってくればOK〜〜〜(感涙) あ、内蔵電池も替えなきゃ。

嬉しさのあまりG3を抱きかかえてケタケタ笑っていたワタクシを温かく見守ってくれたオフィスのみんな、改造されたG4をとても喜んでくれた某部署の皆さん、そして捨てるはず使うはずのジャンクG4を快く譲ってくれた某部署の諸兄、嬉々として改造を手伝ってくれたアバッジ師、そして何より貰うはずのパーツをあっさり放棄して我がことのように祝福してくれた兄ィ、ほんとうにありがとう〜〜〜そしてここを見てくれている皆さんにも360度ありがとう〜〜〜。幻耶麻はとても幸せ者です・・・。

それにしても、ジャンクがジャンクを呼びDVD-ROMドライブをG3に乗せ換えられるとなった時には、嬉しさでドライバーを持つ手が小刻みに震えていましたさ・・・初体験・・・

| | TrackBack (0)

2007.07.21

うまくいったり困ったり

私の好きなクイズにこんなのがある。

砂漠で隊商をしていた男が天に召された。後に残されたのは7頭のラクダと、ふたりの息子、そしてひとり娘だった。男は、子供たちに遺言を残していた。
「私の遺産の半分はよくしてくれた長男に、
 残ったうちの半分を次男に、そしてその残りのうちの半分を、嫁に行く娘に持参金として贈る」

・・・さて、どう分けますか?

7頭のラクダの分配をめぐって兄たちが喧嘩をはじめたので、心優しい妹は部族長のところへ相談に走った。
部族長は言った。「ワシのラクダを1頭、貸してあげよう。それで万事、まるくおさまるから」

確かにまるくおさまった。しかも、部族長にラクダを1頭、返済することもできたのだ。

・・・どうなったと思います?

答え:長男に8÷2=4頭、次男に4÷2=2頭、長女に2÷2=1頭。これで7頭なので、部族長の1頭はそのまま返却。あるいは、もっとも少ない娘の取り分をXとすると、次男の取り分は2X、長男の取り分は2×2X=4X。
 まあこんな計算するより「もっとストレートに書いといてよ、お父さん!(--#」というのがいちばん正しいかと(^^;

さて。

わたし、この「みんな幸せ」なラストが好きなんです。・・・んで。

この「部族長の貸してくれた1頭のラクダ」に匹敵するモノが、手元にあるんですなぁ。

というのも。
某部署から、466MHzのG4(グラファイト/HDDは処分済み・メモリのみ)が余剰機として放出された。
さっそく拾い、隣の部署の400MHz・G4(グラファイト/HDD40GB・内蔵乾電池換えたばっかり)に部品を流用していて、気がついた。
これ、筐体(CPU)ごと代えた方がよくねーか・・・?

そんなわけで、以前に書いたとおり、我が家で死蔵されていたB&W G3まで動員して、またもや懲りないドミノ移植となったのだ。

例によって試行錯誤で七転八倒したのだが、最終的に余剰機の466MHz・G4の動作確認は終わり、そろそろ悲鳴をあげはじめていた400MHz・G4は引退を許され・・・た過程で、なんとウチのB&W G3までもが、環境が整ってしまったのだ!!!

あ~んな苦労こ~んな苦労をして、完全にオシャカになったと思っていたB&W G3だったが、なんのことはない、作業する過程で、増設したうちのメモリが1基クラッシュしていた、それだけのハナシだったのだ!

見事、黄泉返ってしまったB&W G3改。・・・ここまでくると、いっそ怪談である・・・。

けん兄ぃちゃん、コレどうしよう・・・?

| | TrackBack (0)

2007.06.27

はい、皆さんもご参考に!

「カッパ」などのキーワードを入力すると、伝承が残る地域名や出典、文献の要約などの情報を検索できる。開設後、約80万件ものアクセスがあり「画像が見たい」との声が寄せられていた。小松教授は「妖怪は日本が誇る民衆文化。データベースを通じて世界に発信したい」。伝承データベース(http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiDB/)

妖怪:情報3万5千種、画像もデーターベース化へ 日文研−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ から2007年6月27日12時44分に引用

| | TrackBack (0)

2006.12.17

バラしは、燃える。

2006年12月17日(日)。会社の事務所でひとりお留守番。
午前10時、「さぁ〜て、バラすかァ!!」とひとりでたぎるワタクシ。
そう、会社のデスクと豊富な工具を使って(といっても必要なのは細密ドライバーと六角レンチだけですが)、クラッシュしたPowerBookの内蔵HDDを換装するのデス。

まず用意したもの。
D1000017工具(写真)。細密ドライバー(右奥)と六角レンチ(左手前)。この、折りたたみナイフ型の六角レンチはとてもスバラシく、思わずガメて帰ろうかと思ったほどです(ダメだっつの)。そして、真ん中にあるのは…コンビニ売りの缶コーヒーのトップにハメてある、オマケを納めてあるカプセル。これは意外に便利!と、ギターとアンプのレストアが趣味の先輩に教えてもらったので、ためてました。外したネジを入れておくのだ。数が足りなかったので「リラックマ」小物入れにも出動願った。トホホ。

あとは交換用のHDD。けっきょく、以前から持っていたHITACHI 2.5インチ ATA HDD 80GB/8MB/5400rpmを入れる事にした。なんとなれば、近所のパソ屋にはシリアルATAのHDDがなかったの。ウルトラATAしか。も〜ネット購入も面倒だし時間ももったいないので、これを入れる事にした。

さて、バラしです。Macのパーツショップ「Vintage Computer」の、「PowerBook G4 12"/867 速報 (2003/1/24)」を参照しながら作業します。

ACアダプタを外し、バッテリーを外し、外から見えるネジをすべて外し、メモリールームを開けて中のネジ(黒)を外す。これらのネジ、ことごとく長短サイズの差があるので、戻す時に間違えないよう場所によって色違いのカプセルに納めていく。これで無くなる心配もナシ。

そしてここからが本番&前回分からなかったポイント、キーボード下に隠されているネジ(2カ所)を外すのだ!
左がF1とF2、右がF11とF12キーを「パキャ」と外す。これはもう、ナントカは度胸のノリでやるのがベストのようです(外れるように出来ているしな)。そしてここのネジを細密ドライバー(+)で外すと…なんと!キ−ボードが外れるのだ!(大げさ)

D1000023それにしても、復旧後の写真をご覧いただいてもわかるかと思いますが、これに白いシール貼って隠してあんだぜ〜。絶対わからん。つか、これでも分からん。

ここから先もレポートの通りに作業します。薄っぺらいキーボードを本体に接続している、これまたさらに薄っぺらいコネクタの保護シールをベリベリはがし、コネクタをよいしょと抜きます。慎重かつ力一杯ね。でもって、目につくシールドシールをガンガンはがし、隠れたネジも残らず抜きます。
さて…

ここからが難問! レポートでは「いよいよ、パームレストが外れた。」と一行で済んでますが、このパームレストの左下(つまりHDDの上)の部分は切り欠きとバネでガッチリ固定されており、相当なコツ(?)がいるのです! 某雑誌ではMacMiniをバラすのに「お好み焼きのヘラ(ハガシ)が便利」と書いてましたが…PowerBookのバラしにも、あった方がいいかも。金属製のハガシ。
それはともかく、十数分苦闘しているうちに、どうにか外れてくれました。

ようやく問題のHDDにたどりつき、ブラケットを止めているネジ2本を外します。コネクタはご丁寧にフィルムで持ち手が作ってあるので、それに指を通してエイッと抜きます。わ〜外れた。

ここでようやく、写真を撮る事を思い出したワタクシ。

D1000041はい、パームレスト部が完全には外れていないので、モニタ部でつっかいを当てているの図です。

D1000040外れた くだんのHDD。オノレ。

D1000037せっかくですので、中の様子など。

D1000036なんか、顔を隠そうとしている容疑者のようですが。

D1000035キーボード。うす〜い。

D1000034裏。やっぱり薄い。

D1000032交代要員とご対面。左が故障中(40GB)、右が交代要員(80GB)。

さて、元に戻します。ネジが余る事のないように!

D1000028こんなちっこいコネクタ(ちなみにトラックパッドの配線)にもフィルムの指輪持ち手付き。親切。

D1000025ビンボたらしく(?)シールドシールを戻してみたりします。大丈夫かな、シワとか。

D1000024今回最大の隠れキャラ(笑)、キー下のネジ。

D1000023_1キーを戻してみたところ。わかんないって〜〜〜!!!

D1000020メモリールームの長ネジ(黒)も戻します。ここからキーボードを固定しているのだそうです。んじゃ、これを抜かずに作業すると、確実にマシン死ぬだろうなぁ。

…というわけで、無事に、一本のネジも余る事なく(苦笑)、元通りになりました。

D1000018わ〜い、認識したよ! さっそく、OS X(Tiger)をインストールします。

D1000013
ピンチヒッターだった桐生のPowerBook『奈涸』をターゲットディスクモードにして、避難していたデータを移植しました。あぁ便利。あぁ感謝。

そんなわけで現在、
コンピュータ名: PowerBook G4 12"
CPU タイプ: PowerPC G4 (3.3)
CPU 速度: 867 MHz
二次キャッシュ(CPU 単位): 256 KB
メモリ: 640 MB
バス速度: 133 MHz

ATA バス:TOSHIBA MK8025GAS:
最大容量: 74.4 GB
空き容量: 23.31 GB
システムのバージョン: Mac OS X 10.4.8 (8L127)

となりました! ここまでの所要時間、約2時間デシタ〜。

| | TrackBack (0)

2006.12.14

未だ、まっくきとく。

無事に、Gennyama's PowerBook G4(AL/12inch=通称「綾牙」)の代打となった「奈涸」であったが、イタい事実が判明した。
HDDが機械的にクラッシュしていたのは、こともあろうに最もバックアップに手間のかかる「ライブラリ」が書き込まれている領域だったのだ! いやもう、メールもブラウザも辞書も、アプリの初期設定も引き継げない。…とほほ。(まぁ、もっともアクセス頻度の高い場所だからしょーがないというのも分かる)。
かろうじて書きかけのSSの原稿がサルベージできただけでも良いと思わなくては(そして今、ことえりで打っている。けん兄ィちゃん同様、地味にツラい)。

駄菓子歌詞。捨てる紙あれば披露神あり。転んだ先の七光り。ハイリスク→ハイリターンとはまさにこの事(違います)。
修理方法を求めてネットをさまよっていたら…。

Macの改造専門請け負い屋を見つけたのです。その名は「スピリカ」。
Macのサポート超専門店と銘打っているだけあって、知る人ぞ知るMac Fanの「はぐれMac改造派」に事例を提供しているほど(12月号:PMG5水冷化…っておいおい ^^;)。
そうかぁ、ここにお願いして、交換ついでに大容量のHDDに換えてもらえばいいんだ…とひと安心したところで、ここが提携しているパーツショップ「Vintage Computer」をヒョイと覗き、「わ〜スゲ〜、ヨダレの出そうなパーツがいっぱい〜」…と見ていたら。
あるじゃないか! PowerBook G4 12"のバラシレポートが!!

早速見ました! うぉ、これで「綾牙」をバラせる! でもって大容量HDDに換装できるぜ!
それじゃあいっそ、前々から準備しているHITACHI 2.5インチ ATA HDD 80GB/8MB/5400rpmじゃなく、同じHITACHI 2.5インチ の 100GB/8MB/7200rpmか、いっそHITACHI 2.5インチ 160GB/8MB/5400rpmにしてしまうとかぁぁぁ!(対応しているらしい。いやね、80GBでもiTuneのデータでもういっぱいイッパイなのよ)。

そんなわけで、新たな野望を得てようやく浮上し始めた幻耶麻なのでした。よっしゃ、頑張るぞ。
ついでにブッ壊したB&W G3の電源ユニットもイジってみるかなぁ?

| | TrackBack (0)

2006.12.03

へるぷみー、Mac Users!

ここに1台のiBookがある。
なんとかせねばと思い続けて2ヶ月以上がたつ。

なぜか最近、我が家はMacの託児所と化している。他でもないワタクシが引導を渡してしまったB&W G3改に、それに部品を与えたために休眠状態になっているPowerPC 9600改、んで現役バリバリのPowerBook G4、それに『貴重な化石』として飾ってる PowerBook100(!)…が私の物なのだが、この他に、相方の桐生がひょんな事から手に入れてしまったiBook G4が2台(!)。
※注※ヤツは私の後期型のPowerBook G4を使用しているので所有台数は3台である。

そして…今目の前にあるのが、会社の先輩が手に入れてしまったiBook、である。
多すぎるだろう、おい。(しかも使えるのは自分のPowerBook G4 1台きり…)

さて、『コンピュータ、電源なければタダの箱』とは良くいったものだが、『モニタがなくてもタダの箱』なのである。

この問題のiBook、リサイクルが趣味の先輩が、某ショップで「ACアダプタがなくて起動チェックもできないから、1000円でいいよ」と言われてヒョイと買ったもの。
頼まれて試してみると…起動はする。が、画面が出ないのだ。
再セットアップまでは液晶もガンバってくれた。が、その後がいけない。元の持ち主氏もこれに手を焼いて売却したらしく、これではどうしようもない。
「外部モニタで使えば」という意見も頂戴したが、外部モニタを認識させるための設定はソフト上で行うんじゃなかったか〜? そういうわけで、部品取りにしかならないのでは…とグッタリしたまま2ヶ月が経過した。

背面に「2002」とあるから、G3の700MHzモデルだろう。HDD 30GB の ComboDrive搭載 14 インチだから、たぶんメモリはPC100準拠 SDRAM 144ピンを256MB搭載だと思う。誰かいりませんかね。マジで。連絡乞う。

| | TrackBack (0)

2006.09.07

悩みは続くよどこまでも

「AppleがiMac全機種に「Core 2 Duo」を搭載,24インチLCDモデルもリリース。また新モデルの発表に伴い,17インチと20インチiMacの価格を引き下げた。」

…あ〜そうですか。(T-T) 買えってかよ、買えってのね…でもホント、マジ魅力。

| | TrackBack (0)

2006.08.29

Amazon インスタントストア

Amazonのアソシエイトに「インスタントストア」という機能が追加されたので早速ウキウクと作ってみました。どうぞご覧ください。本の表紙が並ぶって綺麗〜♪

http://astore.amazon.co.jp/tokyonomad-22/

| | TrackBack (0)

2006.07.29

…機械に教えてもらう事

「…人間、諦めも肝心よ」と、Macに教えてもらったような気がする。

B&W G3は、とうとう起動しなくなった。電源装置かその辺がイカれたらしく、MOドライブには電力が行くのだがCD-ROMドライブが回らない。CD-ROMドライブはスーパードライブに換装しようとも考えていたのだが…これほど負荷がかかるようなら、どうだろう?

…これからどうしようか、と考えると、なんだか「…人間、諦めも肝心よ?」と、Macに言われているような気もする。

無理させちゃったなぁ、と可哀想にもなった。B&W G3がもともと内蔵している電源装置はそれほど大容量のものではないことは知っていた。でもさほど繋いでないからいいか!などと軽く考えていた。
いずれにせよ「これ以上は やめようよ〜」とMacの方から提案してきた、ような気がするのだ。

幸い、OSー9環境はPowerMac9600がモニタごと残ってるし、OSX環境は新しくしようかな。ごめんな、B&W。いろいろ改造につきあってくれてありがと。

…というわけで私信。
けん兄ィちゃ〜ん、SONNETのG4-1GHzアップグレードカードと増設メモリ、それにSeaGateの120GBのHDDいらな〜い? HDDはATA133のカードさえあれば繋がるよ〜ん。どう?

| | TrackBack (0)

2006.07.27

捨てられない何か

じつはMac(B&W-G3)の改造は頓挫したままである。120GBの内蔵HDDを認識させるのにまず手間取り、ついでOSXをインストールするのが暗礁に乗り上げっぱなしである。インストール途中で黒画面になって再起動をもとめられること幾度となく。そのたびにMacを開け、基盤をいじり、換装したCPUを元のものに戻し、古そうなSCSIボードを抜き、ケーブルを換え、ULTRA-ATAのカードを抜いたりさしたり、もうど〜にでして〜な具合である。身の回りにMac改造の経験者がいないので「これでいいのか」と不安にもなるし。
インストールを待ちながら、「いっそ新品に買い替えられればラクなのに」とため息をつく。これまでの改造にかかった費用を総合計すれば、いったいどの新型機が買えたろうかと暗澹たる気持ちになる(実際、買えると思う)。
待ち時間につきあってくれるPowerBookの方も、最近動作がやや心もとない。なにより内蔵HDDの容量が不安だ。

ここで妄想。もし今、大金を手にしたら、私はこいつらを買い替えるだろうか?
───う〜ん、と悩んでしまうのである。PowerBookは買い替えるかも知れないが、PowerPC9600とB&W-G3はどうするだろう。iMacを買ってなお改造に明け暮れるんだろうか。でもそんな気がする。
どうして捨てられないんだろう。ものすごく謎である。誰か似たような悩みをお持ちの方、いません?

| | TrackBack (0)

2006.05.17

Mac in BLACK.

…ウチのPowerBook G4(12"/HDD40GB/800MHz)は最近HDDからカラカラと異音がする。実はまだ80GBに換装してなくて(仕方なくそれは外付けで使用中)、いよいよもってトルクレンチ買ってきて、覚悟を決めて換装かぁ?と思っていたら。

なんですか、MacBookのブラックモデル登場って。2.0GHz Intel Core Duoプロセッサ搭載って。コレ、すごく魅かれるんですけど。

まぁ、今の私により必要なのは、ノートよりデスクトップなので、どうせならiMac (intel)にブラックが登場しないかなぁと思うのですがどうですか。

それにしても黒いMacと聞いて、かつてのPerformaを懐かしく思い出す私は、やっぱり古いMac Fan。

| | TrackBack (0)

2005.07.27

遮那王の帰還

置く場所&用途に困って、会社に置いていたPowerMacintosh9600改、九郎義経こと“遮那王”が再びウチへ帰ってくることになった。その部署がG5iMacを購入したのと、置き場所がなくなった&あんまり使ってないから申し訳ない、というのが理由。そうだろなぁ、グラファイトG3と9600とMDD G4が並んでいるのは圧巻だったよ博物館みたいで。そこへ持って来て、いかに薄型とはいえiMac G5が来たら古い順から押し出されるわな。
それにしたって、ウチでも置く場所はないのである。
デスクには1GHzのG4にクロックアップしたB&WのG3改(OSX非搭載)がデンと居座っている。持ち歩きにはPowerBookG4(800MHz/HDD40GBモデル)を使っているし、VAIO PCG-C1VJ/BPもまだまだ現役だし、何よりも、なぜかウチには相方の桐生のiBookG4(通称“涼浬”。より高稼働のPowerBookG4[1GHz/HDD60GBモデル]の通称が“奈涸”)もいるのだ。これ以上どーすんのよ。1LDKのアパートで6台もブラ下がるLAN組んでも仕方ないでしょ固定回線も引いてないのに(ネットはPHSでやっている)。誰かに貰ってもらおうにも、みんな希望はWindows。あぁそうでしょうとも。

しかし、である。
PCIバススロットとメディアドライブにまだ空きを抱えた“遮那王”が手元に戻ってくるというので、私の“改造熱”がたぎってきているのも事実なのだ。
そうだなぁ、内蔵CD-ROMドライブをぶっこ抜いてCD-Rドライブに取り替えて、ついでにPCIで増設しているUSBをFireWireも備えたタイプに取り替えれば、Ethernetのクチは元からあるし、B&WG3改と同様、レガシィなインターフェイスを備えたG4マシンができるんだよなぁ。それにB&WのCD-ROMドライブは取り替え効かなそうだから、焼き焼き君には9600になってもらうのもテかもなぁ。無用の長物のZIPドライブもMOに代えるか、あとはどっちか1台をVirtual PCで窓モドキにするとか、などと野望は膨らむ一方。
・・・そんな事したら、Mac-Mini(安すぎ!)が1台買えるくらいの予算が要るんだってば、という理性の声はもはや遠く。
AIBOも2台いるってのに。
嗚呼、メカ屋敷。

P.S. あ、桐生の元マシンのPowerBookG3の死骸もあるんだった。どうにかならんかのぅ。

| | TrackBack (0)

2005.06.01

やっちゃったw

ドメイン取っちゃったw
gennyama.net です。
今月いっぱいかけて「HALlucination Hills」も「TOKYO NOMAD」もこちらの中にお引っ越しする予定。
アクセスログ解析とかサイト内検索とか、やってみたい事いっぱいあったんだぁ〜(でも今のサーバじゃ不許可なのよね)。これでガンガン遊んじゃおっと。

ちなみにまだ何も出ませんので、念のため。

| | TrackBack (0)

2005.01.15

Appleよ、お前もか

『ガムより小さい』iPod Shuffle にはさほど萌えないワタクシですが(ケータイするツールは、デザインや大きさよりも機能優先。ゆえに買うならMiniより40GB)、デスクトップ機ではそうはいきません。

6万円でMacが買えるだとぉ!?

ショック!(「北斗の拳」の主題歌風に) まさに今、B&W G3の改造見積もりを算出している時にぃぃぃ。
ちなみにMyG3の改造計画はこうでした。

・メモリ増設
・SONNET のCPUアップグレードカードでG4/1GHzに
・内蔵HDD増設で40GBに

これ・・・これって・・・合計金額が「MacMini」と同じ・・・!!! あろうことかスペックも・・・
(いや、厳密に言うとG3改造の方がスペックが上になる。640対応MOドライブ内蔵で、搭載メモリが工場出荷時のMacMiniより上になるので。ただしコンボドライブじゃないけどネ・・・)

フツーの人なら迷わず「MacMini」をB&Wのモニタにつなぐでせう。
でも・・・でも、愛機を改造するのも捨て難い!!!(←メカフェチ) でもG3は場所を取る・・・!!! ついこの間、断腸の思いでiMac(G5)をあきらめたのにぃぃ。

どうするよ、自分 (T^T)

| | TrackBack (2)