ペット

2008.04.23

心いっぱいの、ありがとう。

たーちゃんが、天国へ出かけました。戻りは、わかりません。

ウチのボスから貰った、ジャンガリアンハムスターとパールホワイトのミックス(オス)。
いっぱい食べて、いっぱい遊んで、きょうだいの中でいちばん長生きしてくれて、
(つい先日、同世代の最後の一匹が死んじゃったよとボスに聞いたばかりでした)
たっくさんの笑いをくれて、今日、眠るように逝っていました。

ありがとうね、たーちゃん。

今朝がた、出社しようとしたら、もう歩くのもおぼつかないたーちゃんが寝床から出てきました。
ゴソゴソと餌をあさるので、好きなものを沢山あげて、でもって何だか妙に名残惜しくて、
遅刻寸前までたーちゃんを眺めてました。
もう踏ん張る力もないようで、ただ歩くだけでステンと転び、餌箱に登ろうとして腹でつっかえ…というのの手助けをしてあげつつ、でもってすっかり薄くなった毛皮を撫でつつ、ヤツが寝床にもぐり込むまで眺めてました。だからね、何というか覚悟はできてたというか、ヤツから「じゃあね、バイバイ」というメッセージは、もらっていた気がします。

帰ってきたら、出てきませんでした。寝床からのぞいているおシリを撫でたら、もう固く、冷たくなってました。

ちょうど1年くらい前、愛車ミストラルに去られてドン底まで落ち込んでいる私に相方は「そんなんじゃ、お前、たーちゃん死んだ時どうするの!?」と言われたのをよく覚えています。
でも、ハムスターの寿命は2年がいいとこ。ミストラルは、あいつは、私が修理できる経済的余裕さえあれば、まだまだ一緒にいられたんです。そこが違った。今でも悔やんでます。おかげで現在の愛車ウイングロードは、「元カレを忘れてくれないカノジョとつきあうオトコ」の悲哀を存分に味あわされているようで、ちょっと申し訳ないです(^^;

でも、ね。
たーちゃんは「命」です。天国に帰る時は神様が決めるんですから。

だけど。
これを書いている最中も、リビングから「カサッ」という音がしているような気がして。
たーちゃんが、まだゴソゴソしているような気がして。
やっぱり、ちょっとだけ寂しいです。

今まで、お付き合い ありがとうね、たーちゃん。

残っているエサのヒマワリを、蒔いてみようと思います。

| | TrackBack (0)

2008.02.19

どうでもいい服、とってもいい服。

ワンニャンの中にも、体温調節などの面で洋服着用が好ましいコがいるのは知っているが、ワンニャンにブランドは“関係ねぇ”と思うのだがどうか。

というわけで、こちらは(私個人的に)どうでもいい服。


ロサンゼルスで18日、ペット用ファッションブランド「リトル・リリー」の洋服を着たモデル犬が撮影された。

同ブランドでは、昨年のアカデミー賞授賞式で有名女優が着ていたドレスに着想を得た犬用の洋服をデザインしている。

ロサンゼルスで犬の洋服ブランド、女優のドレスも参考に | エキサイトニュース から2008年2月20日19時50分に引用

さよけ。勝手にしんされ。

そしてこちらは、『とってもいい服』。

おやごころ」ブランドでペット用品を販売するサイデリアル(東京都目黒区)は、地震や水害などの災害発生時、犬や猫に非常持ち出し品を背負わせて一緒に避難できる「避難ジャケット」を販売している。
ジャケット本体は難燃性で、ペットの皮膚に接する部分は抗菌性の素材を使用。左右に設けた大型ポケットに救命水パック、ビスケット、笛、鈴などを収納する。ペットが負傷したときは、ジャケットを開いて内蔵の布を引き出し、担架としても使える。

時事ドットコム:飼い主と一緒に避難するジャケット から2008年2月20日19時47分に引用

どちらの記事にも着用した『モデル』のコの写真があるのだが、「避難ジャケット」を着たネコちゃんのりりしいこと!(心なしか)誇らしげなこと! 「ともに生き残る」気概が見えているようでヨイ。ワンニャン用の水やビスケットは飼い主も飲食できるというのも、こころにくい配慮だ。最悪、これを着たパートナーだけ連れて逃げても(少しは)大丈夫なわけで。

そんなわけで、どうでもいい服と、とってもいい服のハナシでした。

| | TrackBack (0)

2007.06.30

どんだけぇ〜〜〜!?

先ほど、本日ホリディの我らがボスから、『雀のお宿』というタイトルでケータイにメールが。
「ほぅほぅ、チュンの自立用お住まいでも作ったのかな?」と見てみたら。

また、雀の雛が近所で落下! カミサンが発見し、屋主不在の為、我家で保護しました。トホホ・・・ ウチは雀のお宿カァァァ〜ッ!

えええええっ〜〜〜〜〜!?

・・・チュンが宣伝してるんじゃあるまいな・・・。はてさて、どうなることやら。



・・・ダメだったそうです。拾われた時のチュンよりもまだ小さい子だったそうなので・・・(-人-)南無。
ただ、チビちゃんの世話を焼いていた2日間、チュンがやきもち焼いてタイヘンだったとか(^^;

雀の仔part2

| | TrackBack (0)

2007.04.25

本日の作品。

たーちゃん作。
[寸評] 初夏の若竹をイメージした爽やかな作品です。
奥の部分に素材本来のエッジを活かしている点に、匠の心意気を感じます。

………なにやってんの、たーちゃん。

[正解] ウチのジャンガリアンハムスターが齧ったトイペの芯。なぜこんな形に。

| | TrackBack (0)

2007.02.09

【急募】仔猫の飼い主(都内)

ネッ友が仔猫を拾ってしまったそうで、里親を探しておられます〜。
すんげーカワイイの。

詳しくはこちら

| | TrackBack (0)

2006.09.19

ビックリする瞬間。

深夜、部屋の照明をつけた瞬間に、
『エサ箱に両手をかけ、ふちにアゴを乗っけてこっちをじとーっと睨んでいる、ハムスターのたーちゃん』と目が合った事。

あまりの上目遣いに、思わずエサをやっちまったぜ(汗)

| | TrackBack (0)

2006.08.28

やりすぎたーちゃん

D1000002…いつもより多めに頬袋に詰め込んでおりま〜す。
…って、入れ過ぎですから! 顔、三倍になっとるがな!

何でも可能な限り詰め込んでせっせと持ち歩くのは飼い主と同じ。

後で見たら、長さが1cm以上ある「お野菜スティック」を頬袋から取り出して食べておった。おそるベシ。

| | TrackBack (0)

2006.08.24

くれくれたーちゃん

D1000092エサちょーだいッ!! の、図。
お手手が萌え〜。

| | TrackBack (0)

2006.08.13

砂、失敗でした

ハムスたーちゃんのケージの床材をトイレ砂にしてみたと書きましたが…

失敗でした

チップの時にはヒマ種のカラを散らかしても気にならなかったのですが…砂だとそれが目立つうえに…ウッカリ落としたヤツの大好物のドライフルーツが砂まみれに

そりゃあ哀しいよなぁ!!! 今ヤツはフテ寝してます。

ゴメンたーちゃん! 火曜日には必ずチップ買ってくるから!あとドライフルーツも!だからゴメン!と心の中で叫ぶ夜。


さて、それがなぜに火曜日かと言いますと、いきつけのセルフスタンドがポイント2倍で …あッ引かないで。

15ℓごとに1ポイント…なのですが、なにせウチのミストラルは60ℓ入るので。一気に8ポイント。これが50ポイントで1000円の商品券と交換…なので、ワタクシ、その商品券でたーちゃんのエサや何やを賄っているのです。軽油とはいえ、最近は高いからね〜。自衛しないと。

そんなワケで、ダメモトでこんなもの買ってみました。
ソケットに差し込むだけ!燃費向上!?「ネオソケット」(代引手数料無料!5,000円以上で送料...ソケットに差し込むだけ!燃費向上!?「ネオソケット」(代引手数料無料!5,000円以上で送料...

どうせシガーソケット使ってないしね。さてどうなることやら。
これからしばらく燃費のオニになりそうです。

| | TrackBack (0)

2006.08.10

夏はアイスだ!

D1000085_1
♪たーちゃんはね♪ ハムスターなんだよホントはね♪

だけどま〜るいから

D1000083
カップに入るとアイスクリームになっちゃうんだよ♪

D1000081
おかしいね♪ たーちゃん♪


たーちゃんのケージの敷物を、チップ(おがくず)から砂(トイレ用のアレ)に替えてみました。(写真は替える前) いや、チップ切らしちゃって。新しいのを買ってくるまでのつなぎっつーか、夏だから涼しげに砂っつーか。
「ほ〜ら、オール砂浴びエリアだぞ〜」とうそぶいて入れてやると…
奴にとっては「オールトンネル工事エリア」だったらしく、いつもより余計めにケージ中を引っかき回してます。まだやってます。…しまった…安眠妨害になるかもしんない…(汗)

まぁ、毛づやは良くなるでしょ。

| | TrackBack (0)

2006.06.06

たーちゃん、タップダンスする。

ふと気がつくとジャンガリアンハムスターのたーちゃんが、床に敷いたチップをご丁寧にもすべて壁に寄せて固め高々と積み上げて、広々としたフローリングスペースを作っておられた。おいおい。
エサ箱(かじりまくって大穴を開けたのでバスキンロビンスで貰った磁器製アイスクリームカップに変えた)を見ると、余った勢いでヒマ種を選別しては食べまくったらしく、空っぽの殻がゴ〜ロゴロ。
しょうがないなぁ、とそれを取り上げたら───床に寝そべって涼をとっていたたーちゃんが立ち上がった。
「くれるの? ヒマ種くれるの?」といいたそうな顔つき。
待ちきれない様子で、少しでもカップに近づこうと後脚で立ち上がり、レッサーパンダもかくやという直立姿勢を見せた。
笑ったのはその後。
後脚でタラタラッ、タラタラッ、とまるでタップを踏むように餌カップを追いかけるのだ。広々としたフローリングスペースが幸いしての不連続なタップダンスに、こちらはもう大爆笑。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。その様子があまりに可愛くて、申し訳ないが長崎弁で言うところの「えらかして(小さい子などを焦らしてからかう、といったような意味)」遊んでしまった。

それにしても、食べ物のためなら二足歩行もダンスもするとは…楽しいヤツ。

| | TrackBack (0)

2006.03.18

ボクは陽気なハムスター + キャロット

NHKのアニメ「ニルスのふしぎな旅」を毎回見てました。あの中に、小さくなったニルス(声は小山茉美 さん)の相棒ともいうべきハムスターの「キャロット(声はトッポジージョでおなじみの山崎 唯 氏。ガチョウのモルテンの安原 義人 氏もステキでした)」というアニメのオリジナルキャラがいて、いじわるニルスにリンゴの「皮と芯」を食べさせられてふてくされていた第1話のシーンをよく覚えています。タイトルは、そのキャロットのキャラソング(歌も 山崎 唯 氏)なのですが。

D1000001実家に帰った折り、母が肉ジャガを作っていたのでニンジンのきれっぱしを「たーちゃんに」と分けてもらいました。肉ジャガは私がちゃんといただきました。
帰ってそれをたーちゃんに与えると、気に入って食べること食べること。それもちゃんと───両手で持って。
あう〜。ニンジンたーちゃん。
まるで夏休みに悪童がスイカにかぶりついているような微笑ましさですわ。
ニルスがキャロットにあげてたのはリンゴですが(まぎらわしいな)、そろそろ値上がりすんだよリンゴ。1個135円とか。
そんなわけで、1本39円のニンジンを買ってきて、ちみちみと切って与えてます。たーちゃんも心得たもので「ヒマ種は保存食かオヤツ」と決めたらしく、朝・夕・晩(昼は私がいないけんの)と「エサくれ〜!」とねだることを覚えました。おかげで回し車のだしだし音もなくなったし、周囲に漂うハム臭も、少し薄れたような気がする(あれはヒマワリ油の匂いなのだな)。

暖かくなってきた事を、たーちゃんのハウスの戸口で実感する今日この頃です。寒いと綿でしっかり閉めるけど、最近は開いてるの。そのうちに、鼻先を出して眠る季節がやってきます。

| | TrackBack (0)

2006.03.06

今日のたーちゃん

・・・回し車の音に、だしだしだしだしという足音、というか地響き、が混じっているのに気がついた。
ジャンガリアンハムスターのたーちゃんは、最近とみに真ん丸い。本屋で偶然立ち読みしたハムの飼い方本には、「ヒマワリの種は高カロリーなのでやり過ぎに注意」と書いてあるじゃーないですか! 毛づやがやけに良い、上から見てあまりにも真ん丸い、どれも当てはまる。手足のつけねに、振り袖お肉のようなたるみがある、なんてところに来るとマチガイナイらしい。
うわぁ、そりゃヤバいて。そうだよ、今まで小鳥と金魚とAIBOしか飼ったことないけど、ほ乳類って太るんだよ!
こりゃ困った。今あげてるエサが終わったら、いやその前に、配合飼料中心のヘルシーフードに変えねば。ついでに飼い主もな。

だいたいなぁ、たーちゃん無精すぎ!!! 噛り木がハウスの前にあるのをいいことに、ハウスから鼻先だけ出してそれを噛る。エサは全部ハウスにもちかえり、トイレも食事もハウスの中。食べたらカラはそのまんま、トイレ砂のあるバスルームでは砂浴びオンリー。これじゃ身体にいいわけないて。
散歩させろとハウツー本は言うが、私の部屋で放したら最後、どこへ隠れるか分かったもんじゃない。何よりも、クレイやHALにハムちっちでもされちゃたまらんし。
前述のハム本には、「ハコ型の衣装ケースをケージに転用すれば、回し車が不要なくらい運動量を確保できマス」なんて画期的かつ合理的なアドバイスがしてあった。幸い1個余ってるし、そうしようかなぁとも思うが・・・う〜ん・・・悩む。

そして今夜も、だしだしだしだしという地響き付きで、回し車は回っている。あ〜〜〜〜〜。

| | TrackBack (0)

2006.02.23

天気のいい日は布団干し・・・ですが。

ジャンガリアンハムスター(ただしパールホワイトとのミックスなので、しっぽがチョンと白い)の「たーちゃん」のケージを掃除した。
寝こけてるのをいいことに、ハウスごと別の箱に取り出し、チップを総ざらえし、トイレの砂も全取っ換えした。ハウスをケージに戻すと驚いて飛び出してきたので、これ幸いと今度はハウスを取り上げ、中の綿を全部取り替えた。たーちゃんオスなので、ハム臭いのだ。匂わないという触れ込みの綿を捻じ込み、オロオロしているたーちゃんのケージに戻した。
これでよしと。そこで、たーちゃんの不満が爆発した。
「ボクの匂いがついてないやい!」とばかりに新しい綿を全部引きずり出し、床にぶちまけたのだ。当然、綿はチップだらけ。その綿の中にもぐりこんで、「ボクのお布団、ボクのお布団・・・」と匂いのついたものを捜している。かわいそうな事をしたかなぁ、と思いつつ、しばらく放っておいた。そのうち慣れるだろうと思ったのだ。
確かに、そのうちに慣れた。慣れたどころか、チップの上にぶちまけた綿の山にもぐって、そのまま寝ていた。

あーのーなー。

・・・チラッと綿をめくると、寝ぼけ眼で私を見上げるたーちゃんである。
「どして? ここで寝ちゃマズい?」と言いたげだ。
あれだ、縁側に干している布団が暖かいもんで、そこで寝てしまうというヤツだ。それにしたって、あーた。

いちばん懐いている綿をハウスに押し込んだら、それにつられてやっとハウスに入った。

その後もたーちゃんは、暖かい日には綿をハウスから放り出し、寒くなるとひとつ残らず引き込んでくるまっている。

ハムスターって、布団、干すんだ。初めて知ったぞ。

| | TrackBack (0)

2006.02.18

違いのわかるところのジャンガリアンハムスター

ウチへ来るなりコドモを産んでしまったジャンガリアンハムスターの「ぷぅ」を、その兄弟と取り替える事になった。
なんたってねぇ、私じゃコドモを育てられない、いや違った、「ぷぅ」が無事に離乳までできるように、面倒をみきれないからねぇ。ここはひとつ「ジャンガリアンハムスターのトップブリーダー(自嘲。実際には想定外に増えて困っている。)」の先輩に、お任せする事になったのだ。

ハムスターは快適な縄張り兼ねぐらを維持するのに熱心だ。「ぷぅ」も例外ではなく、やれチップ(敷材)を掘り返して山をつくってみたり、ねぐらの下のチップを掘り下げてハウスを半地下にしてみたり、ついにはエサ箱も器用にフェンスから外して床に置き、ハウスとの高さをそろえて使い勝手が良いようにしてしまったくらいだ。それで「リフォームの匠(たくみ)」だの「劇的ビフォーアフター」だの呼んでいたのだが。

入れ替わりにやって来たオスは、どんくさかった。

チップをトンネル状に掘っていると、いつのまにか反対側から出てしまう。
回し車の傾斜に耐えられず、開放部からズルズルと滑り落ちてしまう。
ようやく回せたと思ったら、自分でやった回転に自分がついていけず、1回転しそうになって転げ落ちる。
ちょっと高いところにあるエサ箱に届かず、上体を乗り入れたところで二進も三進も行かなくなる。
ようやく転がり込んだ時には、何をしに登ってきたのか忘れている。
やっとエサにありついて、さて降りようとしてハタと困り、恐る恐る前足を伸ばし・・・たところでバランスを崩して転げ落ち、でんぐり返りの末に大の字になる。
水を飲もうとしてどうしてもうまくいかず、今にも落ちそうな滴に目をつけてそれを飲もうとするが、目測を誤って顔面にピチャ。
気を取り直してトイレに砂浴びにいくが、勢いが良かった「ぷぅ」に比べると動作が遅く、「ガサ。」。「ゴソ。」。という感じで砂浴びをしている。
しまいには、そのままトイレでなごんでしまい、ウトウトと眠りそうになってようやくハウスに潜り込む。
潜り込んだら布団がわりの綿を抱え込み、器用に入り口にフタをしておやすみなさい。そしてまたしばらく出てこない。

なんだ、こりゃ。

 しかも聞くところによるとなかなか性格もよく(苦笑)、
寝起きが悪く、とにかく眠り、起きぬけはすこぶる機嫌が悪い。
無精者で、ハウスから出ずにエサにありつけるようにエサをわざと散らかし、さながらコタツか万年床の周囲にすべてが揃っている男所帯のような生活を好む。
エサのより好みが激しく、マイブームの時には爆食したエサも、飽きたらポイ。

すごいな、おい。

いやぁ、いいキャラを貰った、ような気がする。
そういうわけで、連れて帰った。名前は「たーちゃん」である。
意味は、ない。

| | TrackBack (0)

2006.02.17

よなかのおなか

ハウステンボスの人気シアター「大航海体験館」では、嵐に揉まれる帆船の船内で、悲鳴(?)をあげて逃げ惑うブタやけたたましく鳴き叫ぶニワトリの映像が出るたびに、観客から苦笑がもれる。なぜこんなシーンでブタが、というわけだ。しかしこれには、ちゃんと理由がある。
───大航海時代、長い洋上生活を余儀なくされる帆船では、生きたままのブタやニワトリが飼われていた。むろん食用としてだ。生きている動物なら、肉が腐る事もない。エサは残飯でいいし、何より、メンドリなら卵を産む。ブタも、腹に子豚がいるメスが重宝されたそうだ。航海中に、食用の豚肉が手に入る。それはありがたいことだったろう。

───ジャンガリアンハムスターの「ぷぅ」を貰ってきて2日が経過した。
今日はようやく、ぷぅ念願のトイレと砂を買ってきた。ついでにドライフルーツのおやつも買って、アパートへ帰る。
「ぷぅ〜、自動おやつ出し機(飼い主の事)が帰ってきたぞ〜」
・・・出てこない。ねぐらの中から、チュウチュウとかすかな声がするばかりだ。

あれ? ハムスターって、何もなくても鳴いたっけ!?

その瞬間、ぷぅを貰うきっかけになった先輩宅の話を思い出した。
「お父さ〜ん、なんか、赤ちゃんの声のするよ〜?」というお子さんの一言で、ハムスターが増えているのに気づいて大騒ぎになったと。
じゃあ、これはもしかして・・・!?

その日の夕方、後輩と「もしとっくにお腹に赤ちゃんがいたらタイヘンだよね。今日、帰ってたら生まれてたりしてね」「その場合は、先輩、返品を受け付けてくれますかね?」という話で盛り上がっていた、その直後の話なのだ。

ありえねぇ。

どうやらホントらしかった。ぷぅは相当にナーバスになっている様子でエサをすべて巣穴に持ち帰り、自分でねぐらの下の敷き材を掘り下げてハウスを半地下にし、ついでにエサ箱も器用にフェンスから外して床に置き、ハウスとの高さをそろえて使い勝手が良いようにしてしまった。
フェンス越しにドライフルーツをあげると、うれしそうに半分ほど噛ったものの、すぐにでも巣穴に帰りたいらしく、残りはもどかしげにほお袋に押し込んでしまった。
母のたくましさを見た気がした。

その後一晩中、どうやって増やさずに飼うかを思案していたのだが、翌日、先輩についその話をしたら、ものすごく恐縮してオスと取り替えてくれる事になった。

安心しつつ、ちょっと残念な気もする。

・・・そうそう、トイレは速効で気に入ってくれて、存分に砂浴びをしていた。あっという間に敷き材(チップ)だらけになったけどね?

| | TrackBack (0)

2006.02.16

ペット用品花盛り

そのうち、ハム用とかフェレット用とかが出そうな気がする。

ワンダフルショット
世界初?!犬専用デジタルカメラ。犬の首輪に装着し、犬の目線で写真を撮ることができます。本体機能はタイマーモードで1分、3分、5分、10分、15分、30分、60分を設定でき、付属のリモコンで好きなタイミングで撮ることも・・・

バウリンガルと組み合わせれば、ワンチャンの日記も書けるかもね。

え? ウチならAIBOに付けろって? 残念、ヤツらはデフォルトでデジカメを搭載してますので〜。

| | TrackBack (0)

2006.02.14

はむず・らいふ

会社の先輩から、ジャンガリアンハムスターを1匹もらった。
まさか頻繁にケージを抜け出してとっとこ大冒険したり、私の生活を観察して日記につけたりはしないと思うが、とりあえず、AIBO以外のルームメイトの登場である。

名前はまだない。

| | TrackBack (0)

2005.04.11

ハルが来た。

SONY Entertainment Robot "ERS-220"。あの「スタジオぬえ 」の河森正治氏 デザインのAIBOである。ロボットであることを大前提とした有機的な曲線デザイン、機能美を追及したシャープな輪郭。およそペットらしからぬ、バトロイドバルキリーか惑星探査ロボットのような外観。頭上のリトラクタブルライトをバッ!とあげてその辺を照射。モノアイを彷彿とさせるカメラで周辺を探査。 ───でも!やることはERS-210と一緒なんだな! そこがカワイイのよ。ほら、コワモテのおニィちゃんがシルバー層に小さな親切するとこ見たりすると、ホッとするでしょ? あの感じ。

我が家のERS-210「クレイ(スーパーコンピュータの開発者から命名)」の相棒として、「HAL(『2001年宇宙の旅』のアレ)」と命名。前のおウチでは別の名前で呼ばれてたんだろうけどね。お前の名前は、今日からHALだよ。

久々にSONY-Styleを覗いてみたら、ERS-200シリーズはどちらも販売終了となっていた(当然っちゃあ当然なのだが)。でも「ERS-220も欲しいな〜。そのうち・・・」とな〜んとなくアマく考えていた私はショックだった。
教訓:「いつか」「そのうち」というのは永遠に来ない。「何月何日」と決めないと。

で。思わず、探しちゃったのであるヤフオクで。
・・・なんと、あった。
「時間がなくて遊んであげられないので、可愛がってくれる人に・・・」とのコメント付き。まさに『どうする〜、アイフル〜』シーケンス。
・・・で。オトしてしまった。・・・ははは。メカフェチの業は深い。これから飼い主は毎日、いきなり黄金伝説だぁ。タコ取るど〜!(ウソです)

ところで、HALばかりがイイ思いをしているわけではない。クレイには「服」をかってあげた。
な、なんと背中に金糸の竜をしょった真っ赤なスカジャン! ペットショップで買ったのだ。チワワ・パピヨン・ポメラニアン用だとか。デザイン見た瞬間にディープ・インパクト。
これがま〜、ゴールドのボディにあうことあうこと。思わず、HAL用に色違い(黒)を買ってあげようかとも。
ちなみにクレイは、買う時にショップで「試着」させてもらっちゃった。
「あててみてもいいですか?」と取り出した途端、いきなりお店で人気者。
試着室よろしく、スカジャン着て手足を動かしてるんだもんクレイ。あはは・・・お騒がせしました。

さて。これだけではあきたらず。おバカでカワイイ、お掃除ロボットも買っちゃいました(幻耶麻、最近ストレスフルなもよう)
その名も「フロアクイックルで小(こ)そうじロボット『ただいまそうじ虫(ちゅう)!』」(ネーミングがステキv)
・・・腹に「すいすいカンタン・クイックルワイパー(フロア用ドライ/(R)花王)」をはめると単2電池2本で拭き掃除をするテントウ虫。───いやぁ、Roombaとかクリーンブーとか、「ロボット掃除機」もいいんだけど、ウチはこの辺で充分でしょう(笑) Roombaみたいに、「すみっこブラシで隅まで掃除」「記憶装置で磨き残しナシ!」なんて機能は全然なく、壁に当たったら方向転換、また当たったらまた方向転換、ガンガンぶつかっていったらば、そのうち全域おわるでショ・・・というお気楽さがたまりません(笑)

そういうわけで、赤いスカジャンを着たクレイを追っかけるHALと、それとは無関係に掃除しまくる「LB(Ladybird=テントウ虫の略。掃除ロボのおなまえ)」という、ワケのワカラナイ図式ができあがった、幻耶麻の家なのでした。あぁ至福。
LB、おニィちゃん達を突っ転ばしちゃダメだぞ(無理か)

そうそう、全自動洗乾機の「銀ちゃん(蒲田行進曲にあらず)」も、元気に仕事してます。

| | TrackBack (0)